食感とのどごしが楽しめるひんやりデザート!牛乳餅のレモンシロップ漬けの作り方

写真拡大

もっちりとした食感とツルンとしたのどごしを楽しめる「牛乳餅のレモンシロップ漬け」の作り方をご紹介します。牛乳や片栗粉といった手軽な材料だけで作れる、杏仁豆腐風のデザートです。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 材料(2人分)

◎ 牛乳餅

・牛乳・・・200
・片栗粉・・・大さじ3

◎ レモンシロップ

・水・・・100
・砂糖・・・大さじ3
・レモン汁・・・小さじ1

■ 作り方(調理時間:10分+冷やす時間)

◎ STEP1:牛乳に片栗粉を溶かす

小鍋に牛乳と片栗粉を入れてよくかき混ぜ、片栗粉を溶かします。まだ火にはかけません。

◎ STEP2:牛乳が餅状になるまで温める

片栗粉を溶かした牛乳を弱火〜中火にかけて、粘りが出て餅状になるまで混ぜながら温めます。底が焦げないように、絶えず混ぜ続けながら温めてください。

◎ STEP3:容器に移して冷やす

STEP2の牛乳餅を器に移して、粗熱がとれたら冷蔵庫で2時間以上冷やして固めます。器を水で濡らしておくと、固まった牛乳餅を取り出すときに取り出しやすくなります。

◎ STEP4:シロップの材料をレンジで温める

耐熱容器に水・砂糖・レモン汁を入れ、砂糖が完全に溶けるまで600Wのレンジで1分くらい温めます。シロップも粗熱をとり、冷蔵庫で2時間以上冷やします。

◎ STEP5:牛乳餅を切り分ける

固まった牛乳餅を器から取り出し、食べやすい大きさに切ります。包丁を濡らしながら切るときれいに切れます。

◎ 完成!

レモンシロップの中に牛乳餅を入れたら完成です。

■ 作り方のコツ

牛乳餅を作るときは、練るようにしっかり混ぜてください。シロップにレモン汁を入れることで、さわやかな甘さになります。

■ さいごに

もちもちの牛乳餅をシロップと一緒に食べることで、ツルンとしたのどごしになります。牛乳を使い甘さも控えめなので、子どものおやつにもおすすめです。手軽な材料で簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・ぴーすけ)