20年前の事件と符合する点は?

写真拡大

 2月13日、北朝鮮の最高指導者・金正恩の異母兄である金正男がマレーシアの首都・クアラルーンプールの国際空港で殺害された。北朝鮮情勢をウォッチする公安関係者は、驚きを隠さない。

「東南アジアで北朝鮮の暗殺部隊が動いているという情報が昨年の春頃からあったが、まさか金正男を狙っていたとは……。金正男は投資顧問のビジネスをしており、ここ数年、マカオと香港やシンガポール、マレーシアなどを行き来する生活をしていた。マカオであれば中国の警備要員がついていたはず。監視から離れた隙を北朝鮮の工作員は狙ったのだろう」

 中朝関係に詳しいジャーナリストの富坂聰氏はこう言う。

「金正男の存在はもはや中国にとって利用価値があるものではなく、本気で保護すべき存在ではなかったはず。しかしだからこそ、このタイミングであえて暗殺することには中国国内でも衝撃が広がっています」

 暗殺のタイミングをめぐって情報関係者の間で話題となったのは、20年前に起きた暗殺事件と符号する点が極めて多かったことだ。北朝鮮事情に詳しいジャーナリストの李策氏が語る。

「金正日の甥で、金正男の従兄弟にあたる李韓永(=イハニョン。金正男の母である成恵琳の姉の息子)です。スイスの大学に留学後、韓国に亡命した彼は、金一族のことを書いた暴露本を出版したり、日本メディアの取材にも応じるなどした。その後、彼は韓国の友人宅前で北朝鮮の工作員2人に銃撃され、数日後に死亡した。実は李韓永が襲われた日は、金正男が殺された日からちょうど20年と2日違いの、1997年2月15日だったのです」

 この日付は偶然と片付けられない。李韓永の暗殺に関しては、事件当時から2月16日に控えた金正日の誕生日のための“贈り物”ではないか、という説が有力だった。そして金正日の誕生日は、父の威光に縋りたい金正恩にとっても最重要式典の一つである。金正男暗殺もまた、父に捧げる“贈り物”の意図があったのだろうか。

 共通点は他にもある。彼らは北朝鮮の国外におり、しかも、金一族についての秘密を暴露した後に消されている。

 李韓永は殺される前年の1996年6月、国際情報誌『SAPIO』(小学館)のインタビューに答え、国際ジャーナリスト・落合信彦氏に「(金正日は)自己中心的で主観的にしか物を言わない」などと金一族の内情を暴露した。

 金正男は、2012年1月、東京新聞・五味洋治記者によるインタビュー記録『父・金正日と私 金正男独占告白』(文藝春秋)で「この世界で、正常な思考を持っている人間なら、三代世襲に追従することはできません」と明かすなど、世襲批判を繰り返した。このことが金正恩の逆鱗に触れたことは容易に想像できる。

 韓国情報機関・国情院が「金正男暗殺は5年前から計画されていた」と報告したが、まさにその時期は“暴露本”の出版時期とぴたりと重なる。ちなみに、出版後に身の危険を感じたのか、金正男は世襲批判を「許してほしい」と周囲に漏らしていたとも伝えられている。

※週刊ポスト2017年3月3日号