日常生活の中には、様々なマナーが存在する。それぞれの国や地域に存在するマナーは、現地の文化や歴史的な背景と深くかかわっていることが多い。日本に存在する数々のマナーもそうだ。中国メディア・今日頭条は17日、日本の贈り物にまつわるマナーについて紹介する記事を掲載した。中でも、受け取った贈り物に対して「倍返し」をすること、その意味について奇妙に映ったようだ。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 日常生活の中には、様々なマナーが存在する。それぞれの国や地域に存在するマナーは、現地の文化や歴史的な背景と深くかかわっていることが多い。日本に存在する数々のマナーもそうだ。中国メディア・今日頭条は17日、日本の贈り物にまつわるマナーについて紹介する記事を掲載した。中でも、受け取った贈り物に対して「倍返し」をすること、その意味について奇妙に映ったようだ。

 記事は「日本人は相手からのプレゼントを拒絶したいばあい、一般的に直接しない」と説明。「無理に受け取っておき、その後お礼をするときに倍にして返すのだ。そうすれば相手はもうプレゼントを送ってこなくなる。これが、日本人がプレゼントを拒む際に最も常用する方法なのである」と紹介した。一方で、相手の好意を受け入れてお礼をする際には「一般的に、もらったプレゼントの半額分を返す」としている。

 また、日本人にとっては7月のお中元と12月のお歳暮が贈り物の時期であるが、直接自分で届けるのではなく、注文した店舗に直接届けてもらうことを好むとした。贈り先は主に上司や親戚、友人などであるが、「苦」や「死」を想起させる櫛など、贈り物として適さないものも数多くあるので注意が必要だと説明した。

 さらに、引っ越した場合には近隣の家に、賃貸住宅に入居する場合には大家さんにも「今後よろしくお願いします」という気持ちを込めてタオルなどちょっとしたものを送る必要があると紹介している。

 かつての日本では当たり前のように行われていた贈り物の習慣も、価値観の多様化、生活様式の変化によって必ずしも行われないようになってきている。贈り物をする目的は、相手に物をあげることではなく、感謝などの気持ちを相手に伝えることにある。時代が変わって贈り物の習慣に変化が起きても、「気持ちを伝える」ことを忘れてはいけない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)