米国トヨタが2月16日、米経済誌「フォーチュン(FORTUNE)」誌が毎年公表している「World’s Most Admired Companies(世界で最も賞賛される企業)」の自動車部門ランキングで3年連続1位に選出されたと発表しました。

1

米コンサルティング会社大手「コーン・フェリー・ヘイグループ」が28カ国、680社を対象にランキング付けしているもので、製品・サービスの品質、社会的・環境的責任、グローバル競争力、投資価値など、企業が成功するのに重要な9つの種目が審査対象になっています。

自動車部門を対象にしたランキング順位は以下となっており、日本メーカーでは1位にトヨタ、3位にホンダ、8位に日産がランクインしています。

一方、自動車を含む全業種を対象にしたランキングTOP50では、トヨタは34位にランクインしています。

日本企業でTOP50に4年連続でランクインしたのはトヨタのみとなっており、北米トヨタのジム・レンツCEOは「顧客の期待を超えようと努力する従業員の継続的な改善によるもの」とコメント。

1位はアップルで、昨年2位のアルファベット(Google)は6位に順位を下げており、圏外だったフェイスブックとマイクロソフトが新たにTOP10入りを果たしています。

おりしもトヨタは、米デトロイトモーターショー17で新型カムリを発表した際、豊田章男社長が今後5年間でさらに100億ドル(約1.1兆円)に及ぶ巨大投資計画を紹介。

これまで60年間に渡って米国に220億ドルの投資を重ねてきており、13.6万人の雇用を生み出し、30年以上に渡って米国で2,500万台以上の生産実績実績があることを強調しました。

こうした普段からの企業努力も、重要な審査対象になっているものと推測されます。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車/FORTUNE)

【関連記事】

「経営者が選ぶ2017年有望株」でトヨタが4年連続トップ!
http://clicccar.com/2017/01/14/434912/

世界的なブランドランキングでトヨタが過去最高の5位を記録!
http://clicccar.com/2016/10/10/406352/

「2016年のもっともスマートな企業」50社にトヨタがランクイン!
http://clicccar.com/2016/07/05/383573/

グローバルWebサイト調査で「トヨタ自動車」が高評価!
http://clicccar.com/2016/06/18/379465/

スバルとマツダのブランド価値が大幅上昇!日本企業トップはトヨタ
http://clicccar.com/2016/02/20/355234/

【関連リンク】

FORTUNE
http://beta.fortune.com/worlds-most-admired-companies/list/

トヨタが「世界で最も賞賛される企業」自動車部門の第1位に!(http://clicccar.com/2017/02/20/446885/)