恋愛は私たちにさまざまな変化をもたらしてくれるもの。恋人がいる人、いない人で、実際はどのような違いが表れているのでしょうか。ドコモ・ヘルスケア株式会社が、ウェアラブル活動量計を利用する男女の歩数に関するからだデータを分析したところ、恋愛状況が日常の活動に影響を与えていることが判明!?

恋人がいない人のほうが早歩きしている!

1日の「早歩き歩数」の平均値を比べてみると、恋人のいる男性が1,802歩であるのに対して恋人のいない男性は2,482歩、恋人のいる女性は1,520歩に対して恋人のいない女性は1,581歩と、男女ともに、恋人のいない人のほうが多く早歩きをしていることがわかりました。

特に男性は、いる人といない人で大きく差が開く結果に。

恋人のいない人の方がよく走っていることも判明

同様に、1日の「走行歩数」の平均値を比べてみると、恋人のいる人よりも恋人のいない人のほうが「走行歩数」も多いことがわかりました。恋人のいない人は、恋人がいる人に比べ、男性は1.5倍、女性は2.4倍も日々走っていることになります。健康やダイエットのため、はたまた自分磨きとして走ることを心がけている人もいるのかもしれませんね。

平均走行歩数は約2倍の開きが!

恋人ができるとパートナーに合わせて歩行の割合アップ!?

続いて、「早歩き歩数」と「走行歩数」に加え、「普通歩行歩数」を比べてみると、「早歩き」や「走行」とは逆に、恋人のいる人のほうが歩数が多い傾向がありました。

恋人がいる人の方が、ゆったりとした生活を送っている!?

これらの調査結果から、男女とも恋人がいることにより、日常の活動への影響が出ていることがみてとれました。
恋人のいる人は、「普通歩行歩数」が多いだけでなく、その割合も高いことがわかりましたね。恋人がいると、走行や早歩きの割合が減り、その分パートナーに合わせて歩く速度を緩めて歩く機会が増えているのでは、と推察できます。男性では、恋人の有無の差で普通歩行歩数に約10%の開きがあり、女性よりも恋人の存在の影響が大きいよう。

恋人ができると、パートナーと過ごす時間が増えるため、「早歩き」や「走行」といったアクティブな時間が減り、ゆったりとした活動になる傾向があるのかもしれません。
あなたは、どのくらい歩いていますか?

【参考】※ ドコモ・ヘルスケア株式会社
<性別・恋人の有無による1日の平均歩数に関するからだデータ調査概要>
調査主体:ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間:2016年3月26日〜2016年12月31日
調査方法:WM(わたしムーヴ)蓄積データから算出した普通歩行歩数、早歩き歩数、走行歩数データおよびアンケート調査の集計・分析
調査対象:「ムーヴバンドR3」を利用している20代から70代の男女387人(男性:208人/女性:179人)