コワーキングを再定義する「インダストリアス」 企業利用も促進

写真拡大

コワーキング・スペースの入居者といえば、通常は個人事業主や少人数のスタートアップだ。しかし、全米12都市で展開する「インダストリアス」(Industrious)は、既に別の場所にオフィスを構える法人の利用も大歓迎だ。実際、同社のコワーキング・スペースの入居者には、マッシャブル、インスタカート、ピンタレスト、スポティファイといった有名企業が名を連ねる。

「より多様な人々が、快適な環境を共有し、仕事に集中できる場所を作りたい。考え抜かれた空間と、きめ細やかなサービスを提供することで、クライアント企業の従業員たちに生産性を高めてもらいたい」

インダストリアスの運営理念には、共同創業者CEOジェイミー・ホダリのそのような願いが込められている。

ホダリがコワーキング・スペースを立ち上げたきっかけは、前の会社を他社のコワーキング・スペースで運営していた時の苦い経験だ。「会社のメインスポンサーだったイケア財団の代表者とミーティングをすることになり、直前になって『こんな場所にはとても呼べない』と気づいた」。急遽、ミーティングの場所をコーヒーショップに変更した。

その経験から、ホダリはコワーキング・スペースには和気あいあいとしたカジュアルな空間だけでなく、真面目なビジネスにふさわしい重厚な空間も必要であると実感したという。

「企業やコワーキング・スペースの多くが、派手で面白くてふわふわした仕事場を作ろうとしているが、それは大きな間違いだ」とホダリは語る。大多数の人間は、そのような空間に一日中いたら効率的に働けない。そのため、インダストリアスでは重厚な会議室から昼寝用のポッド、パーティスペース、授乳室まで、様々なニーズに対応したスペースを設けた。利用者は、明るいエリアはカジュアルな共同作業用、落ち着いたプライベート会議室はクライアントとの打ち合わせ用、というふうに使い分けできる。

一流ホテルマンから学んだホスピタリティ

そしてバラエティに富んだ設備に加えて、インダストリアスのもう一つの売りがホスピタリティだ。一般企業のオフィス業務には、スナックの常備、新入社員用のデスクの準備、パーティの企画、誕生日祝いといった雑用がつきものだが、インダストリアスでは常駐のコミュニティ・マネージャーがそれらを引き受ける。

ホダリによると、中には起業家の市民権取得のためのテスト勉強に付き合ったり、共同創業者に去られたCEOのためにクラフトビールを調達したりするコミュニティ・マネージャーもいるという。

ホダリ自身も、設備よりもサービスの質で勝負したいと考えている。「具体的に説明するのは難しいが、フォーシーズンズにあってダブルツリーにないもの」と、ホダリは高級ホテルのチェーンに例に挙げる。「フォーシーズンズには素晴らしいサービス文化があり、宿泊者は自分が歓迎されていると心から感じることができる。回転ベッドやガラス張りのプールはなくてもね」

実際にインダストリアスは従業員研修に高級ホテルのトレーニングプログラムを取り入れており、ホスピタリティ部門のリーダーであるレイチェル・ガースキーも超高級ホテルのセントレジスで働いた経験がある。

「カスタマーサービスの鍵となるのは観察能力。利用者が何を考えているのか、どんな気分でいるのか。利用者に不満がある場合、どうすればそれを解消できるのか。利用者が仕事以外でも悩みを抱えている場合、どうすれば助けられるのか。それらを直感的に理解することが不可欠だ」とホダリは言う。

ホダリの目標は、昨今のシェアリングエコノミーの盛り上がりの中で「公共性が高いだけでなく、完璧に美しくてプロフェッショナルな仕事空間を作り出すこと」だ。「アメリカ中のどんな職種も誇りに思えるような職場を作りたい」とホダリは述べた。