ローズ・マッゴーワン

写真拡大

『ヘザース/ベロニカの熱い日』や『ロストボーイ』、『ルームメイト』、『エターナル・サンシャイン』といったヒット映画のTVリメイク化のニュースも記憶に新しいが、1999年に公開された学園ブラックコメディ『ハード・キャンディ』がTVシリーズ化されることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

『チャームド〜魔女3姉妹』のペイジ役で人気を博し、ファンタジードラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』ではコーラの若かりし頃を演じていたローズ・マッゴーワン、『デクスター 〜警察官は殺人鬼』でデクスターの妻リタ役のジュリー・ベンツ、『ルール』や『スクリーム2』といった90年代の青春ホラー映画への出演で知られるレベッカ・ゲイハート、『カリフォルニケーション』や『ジュラシック・ワールド』と映画界でも活躍するジュディ・グリアらが出演していた『ハード・キャンディ』。今作は学園で権力を持つ美人3人組が誤って友人を死なせてしまったことから起こる騒動を描いたブラックコメディで、『ヘザース』や『ミーン・ガールズ』といった映画とも比較されるカルト的作品だ。

TVシリーズ化にあたり脚本と製作を担当するのはオリジナル映画版の監督と脚本を務めたダーレン・スタインと、ジョージ・ノーシー(『フェイキング・イット 〜噂のカップル!?〜』)。『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』や『アイ・アム・ケイト』、『Botched:整形手術の光と闇』といった主にリアリティ番組を手がけてきたE!によって製作が進められる予定。

復活版や映画のリメイクといった作品が増えているTV界だが、『ヘザース』を元にしたブラックコメディドラマ『Heathers(原題)』は既にシリーズ化が正式決定しており米TV Landにて今年の秋に放送予定。(海外ドラマNAVI)