重要キャラ・村田鉄矢&鉄子がお披露目! (C)空知英秋/集英社
(C)2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 空知英秋氏の人気漫画を小栗旬主演、福田雄一の監督&脚本で実写映画化する「銀魂」の新キャラクタービジュアルが、このほど披露された。福田組常連の安田顕と、元「ももいろクローバー」の女優・早見あかりが扮する鍛冶屋・村田兄妹の姿をとらえている。

 累計発行部数5000万部を突破した同名漫画が原作。宇宙からやってきた天人(あまんと)が幅を利かせるパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む銀時(小栗)が新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らとともに、様々な事件に挑む。

 2人が演じる村田兄妹は、物語の鍵をにぎる名刀「紅桜(べにざくら)」を打った江戸随一の刀匠・村田仁鉄を父にもち、仁鉄の死後は鍛冶屋を継いでいる役どころ。安田は父を超えようとするあまり、恐ろしい刀を生み出してしまう兄・鉄矢役になりきり、長髪と凛々しい眉毛を再現。他人の話を聞かずに大声でしゃべり続けるという癖の強いキャラクターだが、撮影を経て「原作でも描かれているようにとにかく大きな声をだすことを意識して演じましたが、いざやってみると結構難しかったです……。きっと面白い『銀魂』の世界が映像で繰り広げられると思います」とコメントを寄せている。

 さらに早見は、最強の刀を追及する鉄矢とは対照的に、気が弱く内気、そして“人を守る刀”を目指す妹・鉄子役。キャスト発表時には「実際の刀鍛冶の仕事場に行き、本物の刀に触れたりして勉強させて頂きました」と役づくりを明かし、「現場では、監督とキャスト陣の距離が近くて、まるで学校のようでとても楽しいです」と充実の様子で語っている。

 「銀魂」は柳楽優弥、吉沢亮、中村勘九郎らが共演。7月14日から全国で公開される。