1千億円を使い果たしたウェアラブル「Jawbone」 医療向けシフトか 

写真拡大

ウェアラブル端末メーカーのJawboneにとって、この2年間は試練の連続だった。同社はかつて、スピーカーやbluetoothヘッドセットを製造していたが、デザイナーにイヴ・ベアールを採用したフィットネストラッカーを開発してウェアラブル市場に参入した。そして今、同社は再び事業転換の必要に迫られている。

Jawboneは、これまで投資家から調達した約10億ドル(約1,130億円)もの資金を使い果たしたとされる。IPOの可能性が薄まり、先月にはCFOが退職した。また、同社のカスタマーサポートにはユーザーから非難が殺到している。こうした中、テッククランチは、Jawboneが消費者向けウェアラブル端末から撤退し、医療用デバイスに事業転換を図ると報じている。テッククランチによると、Jawboneは追加の資金調達を進めており、交渉はクロージング間近だという。

消費者向けウェアラブル事業はコスト競争が厳しく、Jawboneはこれまで利益の確保に苦戦してきた。同社の最上位モデル「UP4」がリリースされたのは2015年4月のことで、アマゾンでの販売価格は、リリース当初の200ドルから50ドルまで下がっている。ユーザーからは、製品の不具合や顧客サポートの質の悪さに関するクレームが殺到している。(筆者の「UP24」も購入から3ヶ月で故障し、交換品もすぐに壊れてしまった)

評価額は31億ドルから13億ドルまで下落

様々なトラブルを抱えながらも、CEOのHosain Rahmanは過去16年間で総額9億5,000万ドルの調達に成功している。投資家には、アンドリーセン・ホロウィッツやセコイア・キャピタル、コースラベンチャーズなどシリコンバレーを代表するベンチャーキャピタルが名を連ねる。しかし、Jawboneの評価額は2014年9月の31億ドルをピークに下落の一途をたどっている。Pitchbook によると、2016年1月にクウェート投資庁から1億6,500万ドルを調達した際の評価額は13億ドルだったという。

Jawboneの医療向け事業が、これまでのようにハードウェアを販売するのか、ソフトウェアのトラッキングのみを行うのかは不明だ。テッククランチによると、主な顧客は臨床医や医療機関になる予定だという。Jawboneがエンタープライズ向けサービスを展開するのは今回が初めてではない。2014年には、従業員の健康管理を行う「Up for Groups」を立ち上げ、導入企業にウェアラブル端末をバルク売りしている。

Fitbitも大苦戦しリストラ決行

Jawboneは、医療分野にも既に進出している。同社は、2013年にウェアラブルセンサーのメーカーであるBody Mediaを1億ドルで買収し、大手保険会社のシグマと共同で糖尿病リスクの高い顧客をモニタリングする実験を行っている。また、2015年にはカリフォルニア州ポートラ・バレーに本拠を置くSpectrosという診断機器メーカーを買収している。同社は、医師が生命に関わる疾患を遠方から診断するための分子センサーや画像装置などを開発している。Spectrosの創業者で医学博士でもあるDavid Benaronは、Jawboneの取締役兼チーフ・メディカル・オフィサーに就任した。

Jawbone以外にも、利益率が低く不安定なコンシューマー向け事業を撤退してエンタープライズ向けに移行する企業は多い。ブラックベリーやノキア、IBMなどが良い例だが、成功の度合いはまちまちだ。Jawboneにとってハードルは決して低くないが、フィットネストラッカー市場の成長が鈍化する中、同社には選択の余地がないのが実情だ。Kantar Worldpanel ComTechによると、2016年12月時点でスマートウォッチかフィットネスバンドを所有するアメリカ人の割合は15.6%と、前年の14.8%から微増に止まったという。

業界最大手のFitbitも業績悪化に苦しんでいる。先月には、グローバルで従業員を6%削減することを公表し、株価はIPO価格の20ドルから70%も下落している。フォーブスの寄稿者であるピーター・コーハンも「株価が下がっても、Fitbit株を買うべきではない」と忠告する。同社は昨年、同業のPebbleを買収したが、かつて人気を誇ったPebbleも苦戦を強いられている。

Fitbitは、今後業績がさらに悪化するようであれば、Jawbone同様に医療分野に移行するかもしれない。イギリスの調査会社Juniper Researchによると、フィットネストラッカーは少しずつヘルスケア分野に進出しているという。

「Fitbit、Withings、Misfitなどのウェアラブルメーカーが医療分野への進出を牽引している。彼らはウェアラブルと医療データベースを統合させ、ユーザーにはフィットネスよりも健康を訴求している」とJuniper Researchのレポートは述べている。 これらの企業にとって朗報なのは、今後アメリカ人の5人に1人がアクティビティトラッカーを使用し、「健康ウェアラブル端末」市場が200億ドル規模になると予想されていることだ。しかし、様々な難題に直面するJawboneがこの巨大市場で存在感を発揮できるかは不明だ。