カッケェエエエエエエ!!
 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋による人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)より、安田顕と早見あかりが演じる村田鉄矢&鉄子のキャラクタービジュアルが、初お披露目された。

 脚本・監督を務める福田雄一のもとに、主演の小栗旬をはじめ、日本を代表する俳優たちが集結した本作。夏の公開に向け、小栗(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、岡田将生(桂小太郎)、長澤まさみ(志村妙)、ムロツヨシ(平賀源外)らが人気キャラクターにふんした姿が次々と公開されている。

 そして今回披露されたのは、村田兄妹のビジュアル。二人は物語の鍵となる名刀・紅桜(べにざくら)を生み出した江戸一の刀匠である父・村田仁鉄の後を継ぎ、鍛冶屋を営んでいる。安田演じる鉄矢は、父を超えようとするあまりにとんでもない刀を生み出してしまう男。人の話を聞かずに大きな声で話すという原作の中でもかなりクセのあるキャラクターを、長髪にキリッとした眉毛で見事に再現した安田だが、撮影については「原作でも描かれているようにとにかく大きな声を出すことを意識して演じましたが、いざやってみると結構難しかったです……」と苦労も明かした。

 早見ふんする鉄子は、鉄矢とは真逆に気が弱く内気な性格で、声も小さめ。父を超えるため“最強の剣”を作ることに一心不乱な鉄矢とは異なり、鉄子は“人を護る剣”を作ることを目指している。撮影現場を「監督とキャスト陣の距離が近くてまるで学校のよう」と例えていた早見だが、劇中で豪華キャスト陣とどのような絡みを見せるのか、期待が高まる。

 本作の舞台は、パラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた天人(あまんと)の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどる時代に、侍魂を堅持する変わり者・銀時と、その仲間たちの周りに起こる様々な出来事を独特のユーモアとアクション満載に描き、原作コミックは累計発行部数5,100万部を超える。(編集部・小山美咲)