試合後、肩を落とす浦和の選手たち。主要タイトルではないとはいえ……結果的に、また勝負どころで失点を喫してしまった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[FUJI XEROX SUPER CUP 2017]鹿島 3-2 浦和/2017年2月18日/日産スタジアム
 
 途中出場の興梠と関根が積極的に仕掛け、長澤も攻撃に変化をつける。74分に興梠がPKを沈め、1分後に武藤が決めて、浦和がついに2-2に追い付く。
 
 残り時間は15分――。鹿島には隙が生まれている。浦和が逆転しそうな雰囲気が、日産スタジアムを包み込んだ。

【ゼロックス杯PHOTO】鹿島×浦和の美女サポーターたち♥

 ところが……決勝点を奪ったのは、鹿島だった。しかも浦和にとっては、痛恨の形で。
 
 83分、山本のロングフィードが浦和ゴール前へ放たれる。リベロの遠藤が素早く鈴木をブロックして走り、マイボールにしてペナルティエリア内へ。しかし、そこで遠藤が西川にバックパスを出すのか、西川が前に出てクリアするのかが曖昧になる。
 
 そして遠藤が慌てて西川にパスをしたもののキックが弱くなる。すると待っていました、とばかりに鈴木にボールをかっさらわれ、シュートを決められてしまった。
 
 単純なミスからの失点。決して崩された形ではなく、いわゆる自滅だ。選手たちが俗に言う『安い失点』が、決勝点となってしまった。
 
 いったい、なぜこのミスは起きたのか。試合後、当事者たちに話を聞いた。
 
 まず遠藤は「自分のせいで、試合を壊してしまった」と反省しきりだった。そのうえで、あの失点が起きるまでの経緯についても振り返った。
 
 浦和が2点を奪い攻勢に立った時間帯。しかしリベロの遠藤にとっては、バランスを保つのが難しい状況でもあったという。
 
 イケイケムードで全体的に前掛かり、後方にスペースができる。それは「チャンスが一瞬にしてピンチになってしまう」(遠藤)という、浦和にとって最も失点のリスクが高まる状況でもある。
 
「人を前からはめ込んでいくと(一人ひとりマークについて、チェックする)、どうしても、最終的に自分のところで守らなければいけない状況が増えてしまう。そこが浦和での守備の難しいところ」
 
 しかも今季、できるだけ高い位置でボールを奪うことをチームの狙いとしている。敵陣で試合を進める時間帯をより長くしよう、というのだ。
 とはいえ、鹿島はそういったスペースや一瞬で空いた隙を突くのに長けたチーム。実際、浦和はサイドの背後にできたスペースを、金崎やP・ジュニオールといった高い身体能力とスピードを持ったアタッカーに、ことごとく使われてしまっていた。
 
 そして攻勢に立ったはずの終盤、鈴木に3失点目を決められてしまった。
 
 遠藤はそのシーンを振り返る。
 
「試合を壊してしまい、申し訳ないです。相手がそこまで来ていなかったので、あの場面では、(西川)周作くんが前に来るのかな……と思ったが、下がるのが見えたのでバックパスをしたが、距離が近すぎた。シンプルにサイドにボールを切るとか、サイドに持ち出してクリアをしても良かった。判断が曖昧になってしまった」
 
 このシーンが批判されるのはやむを得ない。ただ、他にもあった浦和が崩されたシーンについて、遠藤は自身が引き出されたあとの守備について課題を挙げていた。
 
「サイドにできたスペースをカバーした後、中央をどう埋めるかが課題。ウチは流れを変えたい時、さらに前掛かってしまう傾向がある。そこで、一旦、守備に立ち返ってから、もう一度繰り出すという方法をとってもいいのかもしれない。
 
 スピードのある選手がいる場合、あくまでも数的同数で対応するのか、それとも(リベロが)1枚余る形で守るのか、状況に応じて判断していければとも思う」
 
 一気呵成に攻め込み、逆襲を食らったり、あっけない形でゴールを奪われたりするのは、過去にも繰り返されてきた浦和のパターン。今回で言えば、2-2に追い付いたあと、一旦落ち着くという選択肢を持てれば、確かにチームとしての戦い方の幅は広がりそうだ。
 
 また、遠藤以上にこの失点の責任を痛感していたのがGK西川だった。「自分がリードしておけば、防げた失点だった」と反省していた。
 
「背後のスペースは、自分が責任を持ってカバーしないといけない。そうすることによって、みんなもより攻撃に力を向けられるし、より高い位置で機動力を生かせる。そのためにも、良い判断をして、リスクマネジメントを徹底してやらなければならなかった」
 試合後にはさっそく3点目の失点シーンについて、遠藤と話し合ったという。
 
「自分からハッキリと蹴り出すのかどうか、パスを受けるとしても、もう少しはっきりとアクションを起こし、どこでボールをもらいたいのかを示さなければならなかった。

 中途半端になってしまった。前を向いて状況を把握できるのはゴールキーパーだけ。こうした場面では、僕が主導権を握って、周りに伝えなければいけない」
 
 しかも鹿島側からすれば、「浦和のミスだが、僕らは狙っていた」と西は説明。今季も、相手チームはミスパスを虎視眈々と狙ってくるだろう。
 
 とはいえ、こうしたミスが、ACLのグループステージ突破や上位進出、さらに優勝を争う大一番ではなく、この開幕前のタイミングで出たことは、むしろプラスに捉えることもできる。浦和に欠けている部分が、改めて浮き彫りになったからだ。

 遠藤が語ったように、対戦相手や試合の状況に応じて、臨機応変に守備の対応を変えられるか? 「自分たちのサッカー」を貫くことにこだわらず、力のあるチームやアタッカー陣に対し、細かな対策を立てられるか? そのあたりが、浦和が11年ぶりのリーグ優勝を果たすためのテーマになってきそうだ。

取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)