“はぐれアリ”がビジネスの近道を作るかも?(写真はイメージ)


 うちの息子は幼稚園。「そろそろ『なぜ? なぜ?』攻撃を受けているんじゃない?」とよく聞かれる。幼稚園くらいになるといろんなことに興味を持つようになって、さまざまな不思議を発見し、そのメカニズムを知りたがるようになるためだ。

 ところがうちの息子は「なぜなぜ攻撃」がない。理由は簡単、息子が「なんでだろう?」と首を傾げたら「なんでだろうねえ」と、私も嫁さんも答えを言おうとせずに一緒に考え込んでしまうからだ。

「なんでだろう?」から生まれる仮説

 コップから垂らした水の糸は、つかもうとしてもつかめない。なんでだろう? お風呂で体を洗っているうち、鏡が湯気で曇ってしまう。なんでだろう? もちろん、理系研究者として訓練を受けてきたから、世間で説明されているであろう理屈を息子に語って聞かせることはできる。

 しかし、それは「今のところ、世間ではこう説明されているらしい」という話であって、なぜそうなのかは、本当のところ、分からない。何しろ、飛行機がなぜ空を飛べるのか、アイススケートはなぜ氷の上を滑ることができるのか、本当のところは分かっていないらしい。

 例えばアジサイの花の色は、土が酸性かアルカリ性かで決まるのだ、と言われていたが、アジサイの花びらを顕微鏡で確認したら、赤い花びらにも青い花びらにもどちらにも赤い点と青い点が含まれていて、どちらの点が多いかで赤に見えたり青に見えたりするのだということが分かった。

 リンゴの切り身が放っておくと茶色に変わるのは、昔は、含まれる鉄分が酸化して茶色くなるのだ、と説明されていた。グリコのキャラメルの豆知識でも、「小学〇年生」でも、そう説明されていた。ところがいつの間にか「ポリフェノールが酸化して茶色くなる」という説明に変わってしまった。かつて分かったように語られていたことが、しばらくすると常識でなくなってしまう。

 そんなこんなの経験が私にもあるから、息子に自信を持って「これはね、こういう理屈だからこうなるんだよ」と説明してやることができない。私も一緒に「なんでだろうねえ」と答えるしかない。

 そんな頼りない親をかわいそうに思うのか、息子は近頃、「ぼくはこうおもう」と仮説を聞かせてくれる。それが面白くて楽しみにしている。息子の持てる知識は限られているが、限られた知識の中で立てられた仮説としてはなかなか筋が通っていて面白いなあ、と感心することがたびたびある。

科学とは「“暫定的”な真理」のこと

 なんでこんな子育て日記みたいなことを「働き方」を論ずる場で紹介したかというと、一応理由がある。科学は絶対的な真理だ、という思い込みがあるなら、それはいったん外した方がビジネスにおいても有益だろう、という提案をしたかったからだ。

 言うまでもなく、「夢の物質」と言われたものが後に評価を逆転させることがよくある。いくつか例を挙げてみよう。

 アスベストは燃えない夢の素材と言われていたが、中皮腫というガンの原因になると言われるようになった。

 ロボトミーという手術は精神障害者を大人しくする画期的な技術だとされてノーベル賞まで受賞したが、脳を破壊する乱暴な技術だとして今は反省されている。

 PCB(ポリ塩化ビフェニル)は腐らないし電気を通さないし燃えないしで夢の物質とされたが、生物濃縮して生態系を破壊するという厄介な現象が判明したりした。

 フロンは燃えない溶媒として非常に優れていると言われていたが、オゾン層を破壊するということで目をつけられるようになった──。

 科学というのは、「暫定的真理」、つまり「仮説」を見出す方法ではあっても、絶対的真理を確定することができるものではない。そのことを弁(わきま)えておく必要がある。

 かといって、「なんだ暫定的なものか、絶対的な真理でないのなら無意味だ」と否定するのは、少々慌てんぼさんだ。暫定的な真理(仮説)であっても、それなりに有効だからだ。

 アリは道しるべフェロモンを残しながらエサを探す。そしてエサを見つけると、道しるべをたどりながら巣に戻る。そもそもエサを探すときはあっちをウロウロ、こっちをウロウロしているからジグザグしている。

 エサまでの道のりをもっと直線的にすればもっと近道できるのだが、そもそもエサがどこにあるかなんて最初は見当がつかないんだから、ジグザグするのも仕方ない。仲間は道しるべをたどり、遠回りしながらエサ場までたどりつくことになる。それでも、確実にエサにたどり着けるということはありがたい。

仮説は置き換えられるもの

 科学でもビジネスの場でも立てられる「仮説」は、「とりあえずエサまでは確実にたどり着けるジグザグ道」のようなものだ。実に非効率なのだが、確実な結果が得られる。そうした「仮説」を暫定的真理として受け入れることで、当面やりくりする。それが科学や技術がなし得てきた成果だ。

 そのうち、「俺はそんな道をたどりたくない」という不真面目なアリが出現すると、道しるべをたびたび無視することで近道を見つけ、やがてエサまでほぼ直線の近道をたどれるようになる。とりあえず暫定的に仮説を受け入れておいて、少し不真面目に遊ぶことにより、さらに優れた仮説に乗り換えて洗練させていく。これが科学の営みだ。

 ビジネスにおいても、その点は同じはずだ。これまでのやり方でうまくいっていたかもしれないが、「不真面目なアリ」が別の道を見つけるように、ちょっと先輩の言うことをきちんと聞かないような「はぐれ社員」が別の方法を見出し、それがより優れているなら、そちらに乗り換える度量が組織に欲しい。

 それは先輩の成果がダメだったと証明するわけではない。最初にエサを見つけたアリはやはり偉い。しかし、はぐれアリが別のやり方を見つけるからこそ、近道も見つかる。アリのシステムをビジネスは見習うべきだろう。

 科学もビジネスも、仮説という暫定的真理に基づいて当面の業務を組み立てているが、それは後日、より優れた仮説に置き換えられるものだという宿命にあることを、私たちは弁えておく必要がある。絶対的真理という考え方に囚われると、それは科学でもビジネスでもなく「宗教」になってしまうのだから。

筆者:篠原 信