「クラウドファンディング保険」の流れ

株式会社CAMPFIREは、東京海上日動火災保険株式会社と連携して、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で資金調達に成功したプロジェクトの支援者を対象とした、日本初の「クラウドファンディング保険」を3月に提供開始すると発表した。同サービスは、プロジェクト実行者・支援者ともに特別な費用を支払うことなくサポートを受けることが可能で、プロジェクト実行者の横領や拐帯、会社の倒産によるリターン(返礼品)の不履行など不測の事態が発生した際に、支援金額の80%を上限として、東京海上日動が保険契約者であるCAMPFIREを通じて、プロジェクト支援者に保険金を支払う。

保険の対象となるのは、「CAMPFIREに掲載されたプロジェクトの支援者であること」、「All-or-Nothing方式(募集期間内に目標金額を達成した場合のみ支援金を支払う方式)で目標金額を達成したプロジェクト、またはAll-In方式(目標金額の達成・未達成に関わらず、集まった支援金をプロジェクト実行者に支払う方式)で資金調達に成功したプロジェクトの支援者であること」の2点の条件を満たし、かつプロジェクトの支援募集終了日から1年以内に履行予定のリターン(返礼品)の支援者となる。

保険の流れは、プロジェクトの支援者からCAMPFIREに「リターン(返礼品)が届かない」との連絡が入った場合、CAMPFIREからプロジェクト実行者に連絡を取り、実態を調査する。その後、プロジェクト実行者の横領・拐帯、会社の倒産の事実が認められた場合、所定の審査のもとに保険を適用する。

同社は同サービスの提供により、クラウドファンディングでプロジェクトを実行するときや、支援する際に生じる「不安」を減らすことを狙いとしており、市場の健全化を目指す第一歩と位置付けている。CAMPFIRE
URL:https://camp-fire.jp
2017/02/20