世界ランク1位へ!ダスティン・ジョンソンが大量リード(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ジェネシス・オープン 最終日◇19日◇リビエラCC(7,266ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」の最終日は順延となっていた第3ラウンドを消化。単独首位からスタートしたダスティン・ジョンソン(米国)がトータル17アンダーまでスコアを伸ばして独走態勢で最終18ホールを迎えることとなった。

すでに最終ラウンドは競技が進行中。ジョンソンはキャメロン・トリンガル(米国)、パット・ペレス(米国)と同組で勝負の最終ラウンドをスタートする。現世界ランク1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)はトータル3オーバーの64位タイと沈んでおり、ジョンソンがこのまま逃げ切れば世界ランク1位が交代することとなりそうだ。
ジョンソンがスタート時点で2位はウェスリー・ブライアン(米国)のトータル11アンダー。トータル10アンダーの3位タイにはジャスティン・ローズ(イングランド)、ジミー・ウォーカー(米国)、ケビン・ナ(米国)が続いている。トータル9アンダーの6位タイにはアダム・スコット(米国)らがつけている。
日本勢の松山英樹、石川遼は共に予選ラウンドで姿を消している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

DJ世界1位なるか!?ジェネシスOPリーダーボード
「始まる前から違和感があった」松山英樹、“80”の乱調 今季初の予選落ち
「いい流れで今年も行ける」3位Tの野村敏京、連覇ならずも手応え
谷原秀人、新フォーマットの戦いで敗北も「この方式は面白かった」
D・ジョンソン、J・デイの飛距離が手に入るツアーボール