高松大樹氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 大分市議会議員選挙が19日に開票され、昨年現役を引退した元大分トリニータの高松大樹氏が初当選した。

 かつて日本代表としてプレーした経験もある高松氏は、“ミスター・トリニータ”としてファンに愛された。引退後の今年1月、任期満了に伴う大分市議選に無所属で立候補することを表明していた。

 定数44に対して49人が立候補したこの選挙は即日開票されると、高松氏はぐんぐんと票を伸ばし、当選を確実にしている。

text by 編集部