飛散するスギ花粉

写真拡大

「今日、きたよ」「シーズン到来か〜」「はじまりましたね」。今年もオフィスでこんな会話が交わされる頃になりました。花粉が飛び始める時期に突入です。今年の飛散量は例年並みかやや少なめと言われていますが、花粉症の方には辛い時期ですね。今回は、症状を少しでも和らげるべく、免疫力アップの食事術をお伝えします。

 人間はもともと、花粉やほこりなど人体にとっての異物が体内に侵入しようとすると、くしゃみや鼻水などを利用してこれを防ぐ反応をするようになっています。ところが、食生活の乱れやストレスによって免疫が低下している時にこれらの異物がやってくると、過度にくしゃみやかゆみが出るアレルギー症状を起こしてしまいます。つまり免疫力を上げることが、花粉症を和らげることにつながるのです。

免疫力を上げる3つの食事選びのポイント

 免疫力を上げるためには、食事の選ぶ際に心掛けたいことが3つあります。順にご説明します。

(1)腸内環境を整える

 まず、腸内環境の改善です。腸は、全身の免疫システムにとって、とても大切な臓器です。腸内では乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が活躍し、免疫細胞が働きやすいように環境を整えていてくれています。この善玉菌を摂ることはもちろんですが、善玉菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖も摂り入れることで腸内環境はより整えられます。

●善玉菌を摂るには発酵食品を選ぶ

 善玉菌を増やすには、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品がおすすめです。ヨーグルトをそのまま食べたり、野菜や果物と一緒にミキサーにかけてスムージーにして朝食や間食に取り入れることで、無理なく継続的に善玉菌を摂ることができます。また、焼き肉店でキムチを食べる、キムチ鍋をチョイスするなど外食が多い人もメニューを選ぶ時に意識していきましょう。

 最近では、免疫細胞を活性化する機能があるとして国に認められた乳酸菌飲料のような特定保健用食品も見かけるようになったので活用してみるのもよいでしょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)