千葉雄大主演のドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」が4月からスタート! 注目の若手女優・馬場ふみかの出演が決定/(C)2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会

写真拡大

4月からTBS/MBSで放送開始する、千葉雄大主演ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」に、若手注目株の女優・馬場ふみかの出演が決定した。

【写真を見る】オンラインゲーム「ファイナルファンタジー」を通して絆を深める親子を描く/(C)2017『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作委員会

ドラマの原作となるのは、さまざまなジャンルのオンラインゲームやプラモデルなどを題材とするブログ「一撃確殺SS 日記」の記事の一つである「光のお父さん」。ことし30周年を迎えた「ファイナルファンタジー」が、シリーズ初の実写化となる。

仕事、ゲームに奮闘する稲葉光生(千葉)と、これまで仕事一筋で、60歳を超えてからオンラインゲームにはまった父・博太郎(大杉漣)が、互いに“秘密”を抱えながらゲームの世界で相手を理解し、距離を縮めていく親子関係を描く。

週刊誌やファッション誌でモデルや女優として注目を集める馬場が演じるのは、千葉演じる光生が勤めているコピー機を扱う会社の新入社員・正田陽子。光生の同僚で、社内ではマドンナ的な存在を演じる馬場は、会社の制服を着て爽やかでキュートなOLを演じる。

MBSでは4月16日(日)から、TBSでは4月18日(火)から放送開始する本作。「ファイナルファンタジー」ファンも注目の映像と、千葉&大杉による心温まる親子の物語、そして原作のブログにはなかった、馬場が演じるドラマオリジナルヒロインのフレッシュな演技に期待が高まる。