中国科学技術部(省)革新発展局の許[イ京]局長は17日に開かれた記者会見で、国家革新調査制度の基本的な制度の構築を終え、地域革新発展と革新型国家建設を推進する重要な参考材料を提供したと表明した。データによると、中国の革新(イノベーション)力の世界ランキングは18位に浮上しているということだ。人民網が伝えた。

許局長によると、科学技術進歩の寄与度は2016年に56.2%に達する見通しだ。R&D(研究開発)経費は、2010年の2.18倍となる1兆5440億元(1元は約16.56円)に、R&D人員フルタイム当量は、2010年比で49.2%増となる年間381万人に達し、前者が世界2位、後者が世界一となった。「SCI(Science Citation Index)」に収録された中国の論文は、2010年の2倍となる29万篇に達し、世界2位となった。国内発明特許出願件数は世界一、取得件数は世界2位となっている。(提供/人民網日本語版・編集YF)