公式戦6戦ぶり失点も途中出場のイブラ弾で格下に逆転のユナイテッドが8強入り!《FAカップ》

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、イーウッド・パークで行われたFAカップ5回戦でブラックバーンと対戦し、2-1で逆転勝利を収めた。この結果、FAカップ8強進出が決まった。

▽4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のウィガンに快勝し、5回戦進出を決めたユナイテッドは、直近のヨーロッパリーグ(EL)でもサンテチェンヌに3-0の完勝。公式戦3連勝と勢いに乗るチームは、チャンピオンシップで降格圏に沈むブラックバーンとのアウェイゲームに臨んだ。モウリーニョ監督は連戦を考慮してサンテチェンヌ戦からGKロメロ、スモーリング、エレーラ、マルシャルを除く先発7人を変更。イブラヒモビッチ、ポグバらがベンチスタートとなり、ヤングやキャリック、ダルミアンがスタメン入り。1トップにはラッシュフォードが起用された。

▽集中した入りを見せたホームチームに対して、ペースを掴みかねるユナイテッドは、15分にエムネスに強烈なシュートを浴びるが、これはGKロメロが何とか弾き出す。だが、直後の17分にボックス手前でDFロホが中途半端な対応でエムネスに振り切られてスルーパスを許すと、ボックス左に抜け出したグレアムに見事な左足のシュートをファーポストに突き刺され、まさかの先制点を許した。

▽格下相手に公式戦6試合ぶりの失点を喫したユナイテッドは、すぐさま反撃を開始。23分には波状攻撃からエレーラが強烈なミドルシュートを放つも、これはGK正面。直後にはムヒタリャンがミドルシュートを狙うも、これはわずかに枠の右に外れた。

▽早々の同点ゴールを逃がすも攻勢を続けるユナイテッドは27分、相手CKのカウンターから中央を持ち上がったムヒタリャンが背後のスペースに走り込むラッシュフォードに絶妙なスルーパスを通すと、ボックス内でGKをかわしたラッシュフォードが無人のゴールへ流し込んだ。

▽この同点ゴールで一気にユナイテッドペースかと思われたが、失点後も慌てずプレーするブラックバーンに応戦される。37分と40分にはボックス内でコンウェイ、マルグリューと続けて際どいシュートを許すが、いずれも枠を外れる。前半終了間際には右サイドを破ったヤングのクロスをニアでフリーのリンガードが頭で合わすが、これも枠を捉えきれず、前半は1-1のイーブンで終了した。

▽後半も前半と同じ11人をピッチに送り込んだユナイテッドは、ラッシュフォードやムヒタリャンの個人技で逆転ゴールを目指すが、相手の粘り強い守備をあと一歩で崩し切れない。

▽こう着状態が続く展開に業を煮やしたモウリーニョ監督は62分、リンガードとマルシャルに代えて、ポグバとイブラヒモビッチを同時投入する強力な2枚替えを敢行。63分にはエレーラのシュート性のクロスにイブラヒモビッチが飛び込むが、わずかに届かなかった。

▽2大エースの投入に加え、相手の足が止まり始めたことで、ここから一気に相手を押し込んでいくユナイテッド。完全に引いた相手守備に苦戦し、なかなか2点目を奪えないアウェイチームだったが、頼れる2大エースが期待通りの働きを見せる。75分、ポグバのロングフィードに反応したイブラヒモビッチがボックス左に抜け出すと、バウンドしたボールの落ち際を半身の状態から右足でゴール右隅へ流し込んだ。

▽エースのゴールでようやく逆転に成功したユナイテッドは、ここから割り切ってゲームを締めにかかるが、86分にはマホニーのミドルシュートをGKロメロがファンブルし、絶体絶命のピンチ。だが、ゴール至近距離からのストークス、エムネスの連続シュートはロメロが身体を張ってブロック。さらにこぼれ球をストークスに流し込まれるが、ここはオフサイドの判定となった。

▽最後の最後に冷や汗を欠きながらもイブラヒモビッチのゴールを守り切ったユナイテッドが、苦しみながらも逆転でのFAカップ8強進出を決め、公式戦4連勝を飾った。