1

イラストレーター・水原マサキさん描き下ろしのオリジナルイラスト「おやじ」を立体化した1/12スケールの可動フィギュア「おやじ」が登場しました。圧倒的リアルさと見た目のインパクトから、考えただけで「ぶへっぶへへへ〜」なフィギュアになっています。

ダイキ工業「おやじ」2017年9月発売予定

http://www.daikikougyou.com/2017item/oyaji/oyaji.html

これが1/12スケールで立体化してしまった「おやじ」。原型・彩色は佐藤弘(OVER DARD)さんです。



おやじは全身可動のフィギュアなので、自由自在にポージングを決められます。全高は約150mm。



付属パーツは以下の通り。3種類の手とネクタイ、それに怪しげなパーツが2種類。



さらに、股間パーツも2種類ついてきます。なお、写真でおやじが履いているパンツはキャストオフ可能とのこと。



セットを使えばおやじのアウトな見た目を思う存分楽しむことができます。一緒に写っているのは付属のおば様シスター。ダイキ工業の商品ページでは、おやじは付属のおば様シスターに対して、「おお‥ そうじゃ、わしはエロい身体のおば様シスターもエエと思うぞ〜 ‥う〜む‥ 考えただけでガマン汁が飛び出すわい!ぶへっぶへへへ〜。」と語っています。



完全にただのスケベ親父ですが、果たして需要はあるのか、購入者はどのようにおやじで遊ぶのか、その謎は尽きません。



なお、水原マサキコレクション「おやじ」は税込1万2420円で2017年9月発売予定です。

ダイキ工業「おやじ」2017年9月発売予定