17日、中国でこのほど、中学生向けの教科書にアダルトサイトのURLが記載されていることが保護者の知らせで発覚した。

写真拡大

2017年2月17日、法制晩報によると、中国でこのほど、中学生向けの教科書にアダルトサイトのURLが記載されていることが保護者の知らせで発覚した。

記事によると、教科書を読んでいた15歳の娘が「もっと詳しいことが知りたい」と思い、記載されていたウェブサイトにアクセスしたところ、アダルトサイトに接続された。たまたま居合わせた母親が、「なぜそのようなサイトを開いたのか」と問いただすと、娘は「教科書に載っていた」と反論し、自分の意思で閲覧したわけではないと主張した。

母親が半信半疑で同じようにURLを入力し、自分でサイトを閲覧したところ、やはりアダルトサイトにつながった。サイトのURLが記載されていたのは、「中国古代詩歌散文欣賞」という教科書。三国時代の諸葛亮をたたえる詩を紹介するサイトとして記載されていた。

接続先はアダルトサイトで、しかもモザイクもない無修正画像が表示され、クリックすると有料サイトに接続された。記者が調べたところ、この教科書には電子版も存在し、そちらにも同様の記載があった。サイトのドメインの所有者は「minghuizhao」という中国系らしき人物だが、連絡は取れなかった。

インターネットに詳しい専門家は、教科書に記載されたウェブサイトのドメインの所有者が何らかの理由で変わってしまった可能性もあると指摘している。(翻訳・編集/岡田)