手塚治虫記念館で
「アトム ザ・ビギニング展」 (C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・
カサハラテツロー・HERO’S/アトム ザ・
ビギニング製作委員会

写真拡大

 月刊「ヒーローズ」(ヒーローズ刊行)連載の漫画「アトム ザ・ビギニング」のテレビアニメ化を記念した「アトムザ・ビギニング展」が3月2日から、「鉄腕アトム」の作者・手塚治虫さんの出身地である兵庫県の手塚治虫記念館で開催されることが決定した。

 「アトム ザ・ビギニング」は、「鉄腕アトム」の主人公ロボット・アトムが誕生するまでの物語。近未来の日本を舞台に、のちにアトムを作りあげることになる天才科学者・天馬午太郎と、アトムのよき理解者となるお茶の水博志の友情と対立や、めざましい進歩を見せる人工知能搭載型ロボットの活躍と変容が描かれる。テレビアニメは今春、NHK総合テレビで放送を開始する。

 「アトムザ・ビギニング展」の展示内容等の詳細については、2月中旬頃に発表予定。入館時間は午前9時30分〜午後4時(開館は午後5時まで)で、入場料金は大人が700円、中高生300円、小学生100円で、10人以上の団体の場合は大人560円、中高生240円、小学生80円になる。6月26日まで。