身長が高くなる遺伝子が解明!?(depositphotos.com)

写真拡大

 バラク・オバマ氏とビル・クリントン氏が並んだら、どちらのほうが背が高いか?

 正解は前者が身長185cmで、後者が188cmと3cmも勝っている。もっとも米国歴代大統領の記録を見てみると、初代のジョージ・ワシントン氏でさえ180cm、かのアブラハム・リンカーン氏に至っては193cm(いずれも推定)の長身指導者だった。

 第44代のオバマ前大統領までの平均身長も180cmと一般平均よりも高いそうだが、なにかと話題のドナルド・トランプ氏は191cmというから「ビッグサイズの貫禄」という点では歴代比でもひけをとらない新大統領といえそうだ。

 かように身長問題というのは侮れず、米国心理学会の専門誌が掲載したある研究報告によれば、身長が1インチ(2.54cm)高くなるのに応じて年収が$789(約9万5000円)増えるとか。

 一方、英国の研究グループの解析においても、背の低い男性と太目の女性は人生上で優位に立つ可能性という面では不利と結論づけられている。

 この報告によれば、低身長の遺伝子をもつ男性は、身長が3インチ(約7.6cm)高い男性に比べて世帯年収が$2100(約25万3000円)少なく、体重が14ポンド(約6.4kg)重い女性の世帯年収も、やはり同額少ない傾向が判明している。

収入格差も遺伝子変異から

 次に紹介するのも、そんな身長に関連した最新の知見。『Nature』(2月1日オンライン版)に成果報告を寄稿したのは、英ロンドン大学クイーン・メアリー校のPanos Deloukas氏を中心とする研究班である。

 Deloukas氏らの論文によれば、ヒトの身長に大きな影響を及ぼす可能性が高い新たな遺伝子変異が見つかったようだ。

 「今回発見されたこの新しい遺伝子変異は、稀ではあるものの、ヒトの身長に大きな影響を及ぼすものと考えられる。我々の成果は今後、ヒトの骨格の成長について斬新で重要な洞察をもたらすだろう。具体的には、この遺伝子が成長障害の発症リスクに有用となるに違いない」(論文から)

 研究には、世界の実に70万人超のDNAを対象に分析が行なわれた。結果、今回新たに同定された83個の遺伝子変異については、身長上で<最大2cmの差>をもたらす可能性が読み取れた。

 身長にして1侈にの影響を及ぼす遺伝子変異については、これまで数百例が特定されてきた。つまり、今回発見された遺伝子変異は、少なく見積もっても、それら過去例の「10倍以上」の影響をもたらすというわけだ。
なぜ、乳児は完全に均整のとれた成人になるのか?

 論文の共著者の1人は、自信をこめて次のように述べている。

 「今回の私たちの発見で、ヒトの身長に影響する遺伝要因のおそらく4分の1以上に説明がつく可能性が示唆されたと思う」

 ヒトの身長は、そのほとんどが遺伝によって決まるということが過去の数多の研究からも明かされてきた。しかし、実際の「成長の過程」に関しては、今日でもさほど解明されていない。

 つまり、身長50cmほどの乳児が、いったいどうやって完全に均整のとれた成人となるのか? あるいは、どうして一部の人は他の人に比べて数十cmも身長が高くなり差がうまれるのか?

 この成長過程をめぐる難問こそ、生物学者にとってはたいへん魅惑的な主題ながらも、実際はあまり着手されていない領域だという。

10cm高くなると「がんリスク」が女性18%、男性11%アップ

 一方では、500万人超のスウェーデン人男女を対象とした研究では、背が高い人ほど「がんリスクが高い」傾向も明らかにされている。この報告によれば、成人時の身長が10cm増えるごとに、女性ではがんリスクが18%、男性では11%高まることが判明したそうだ。

 さらに長身の女性では乳がんの発症リスクが20%高まり、男女いずれも身長が10cm増えるに応じてメラノーマ(悪性黒色腫)のリスクが約30%上昇する可能性も判明している。

 記事の冒頭部分では長身者の有意性を強調したが、いいことばかりはないのが人生だ。

 ちなみにDeloukas氏らは、いつの日か、この知見を応用して「成長障害に対する個別化医療」が開発できるだろうと、希望的な観測を述べている。
(文=編集部)