なんだ、そのステキすぎる笑顔は!

写真拡大

 人気俳優マイケル・ファスベンダーが、最新作『アサシン クリード』を引っ提げ来日。映画のプロモーションとしてはこれが初来日となるファスベンダーだが、実は昨年9月末に恋人で女優のアリシア・ヴィキャンデルが『ジェイソン・ボーン』のPRのため来日した際、一緒に日本を訪れ、石川県の金沢にも足を延ばしていたという。その真相を本人に直撃した。

 『X-MEN』シリーズのマグニートーから『スティーブ・ジョブズ』のジョブズまで幅広い役で知られるファスベンダーと、『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシア。日本でも来月31日に公開される『光をくれた人』での共演をきっかけに交際に発展したという演技派カップルの二人は、なぜ金沢を訪れたのだろうか。

 その理由を本人に聞いてみると、「彼女が選んだんだ。だからついていったんだ」と照れくさそうに語るファスベンダー。「庭園やお城を見に行ったり、芸者がいる旧市街を訪れたんだ」とアリシアとの思い出を明かし、「すごく良かったよ。本当に楽しかった」と笑顔を見せてくれた。(編集部・中山雄一朗)

映画『アサシン クリード』は3月3日より全国公開