【やってみて】猫に歌の「合いの手」を入れてもらいたいなら “あの曲” を歌うと成功率が上がる…と、猫好きの間でじわじわ流行中

写真拡大


「しあわせなら手をたたこ!」→「ニャー!」といった感じで、かねてから飼い猫に合いの手を入れてもらいたくてしょうがない私たち(飼い主と書いて下僕)に朗報です。

1995年に発売されたOuthere Brothersのデビュー曲「Boom Boom Boom」という曲が猫が合いの手を入れやすいらしいんです。

【曲の歌い出しで】

YouTubeに投稿されている、飼い猫に合いの手をうまく入れてもらった3つの動画を観てみると、どの猫も合いの手を入れてくれるのは曲の歌い出し。

「Boom boom boom let me hear you say wayoooo(ブーン ブーン ブーン おまえの「ウェイオー」を聞かせてくれ的な意味)」と飼い主さんが歌うと、猫たちが「ニャーーン」と合いの手を入れてくれるのだっ!

【猫の下僕たちのあいだで密かに話題】

こちらの動画は、猫の下僕たちに密かに話題になっているらしく、本家のMVには「猫につられて来た」「わたしもww」「同じく!」などのコメントも寄せられていました。

【わたし「せい、うぇいおー!!」→猫「……」】

わたしも、さっそく飼い猫に「せい、うぇいおー!!」を試してみたところ……見事にシカトされました。なんでっ!! いつもあんなにおしゃべりなのにっ!!!

悔しいので日を改めて再挑戦する予定。猫飼いの皆さんもぜひやってみてちょうだいね!

参照元:YouTube [1] [2] [3]
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

この記事の動画を見る