野菜や魚介類には旬といわれる時期があります。旬とは一年のうちで、その食材の味が一番美味しくなる時期のこと。しかし生産技術が進歩した今では、旬がいつなのか分からなくなるほどに、年中いつでも欲しい食材が手に入るようになりました。でもやっぱり食べるなら旬のものがおすすめ!それには単に美味しいからだけではない理由があるんです。

食べるなら、旬のものにかぎる

野菜などの植物や魚介類は気候や気温に左右されやすく、それぞれ育つのに適した時期があります。無理なくのびのびと成長でき十分に熟すことができる、この時期を旬と言います。旬の食材は味が格段によくなり、また良く育つので栄養分が豊富なのが特徴です。旬でない時期に比べて、栄養価が2倍以上にもなるものもあります。それから旬の食材はその季節に合わせて、私たちの体の調子を整えてくれる効果があります。例えば、暑い夏が旬の野菜は体を冷やしてくれ、逆に寒い冬が旬の野菜は体を温めてくれる。旬の食材とは自然の薬そのもの。旬のものを食べていると、体が元気になり調子良くなっていきます。

春が旬の野菜・果物・魚介類

これから春に旬を迎える野菜や果物、魚介類をご紹介しましょう。

○野菜

菜の花、春キャベツ、たけのこ、グリンピース、アスパラガス、そら豆

○果物

りんご、キウイ、りんご、びわ

○魚介類

アイナメ、イサキ、カンパチ、伊勢海老、カツオ、はまぐり、あさり

旬の時期でない時は、冷凍野菜・果物を
利用した方が良い?

今は旬ではないけれど、どうしてもこの食材を使いたい、というときもあります。そんなときには栄養面からすると、冷凍野菜や冷凍果物がおすすめです。というのも、これらの冷凍食品は旬のものが使われていることが多いのです。旬のものを使う理由は、旬は収穫量が多くなるので値段が安くなり、生産コストを下げることができるからです。

また冷凍食品は高い技術で急速冷凍させるので、栄養素が流れ出てしまうなどの損失が少ない点も。だから旬ではない生の野菜や果物を買うよりも、冷凍ものの方が栄養価が高いことがよくあります。さらにもう一点、旬でない時期の野菜や果物は値段が高くなりますが、冷凍ものであれば一年を通してだいたい同じ値段。お財布に優しいのも嬉しいところなんです。

今では年中好きな食材が手に入るようになり、便利な時代となりました。でもやはり選ぶなら旬のもの!旬の味とは格別なものです。旬の食材で季節感を楽しむのもいいですよね。


writer:Akina