数ヶ月間ずっとスタンプショップのランキング上位をキープし、シリーズ累計で毎日数千DLされているLINEスタンプ(ラインスタンプ)をご存知ですか?


そんな脅威的な人気を誇るLINEスタンプの名前は、「キモ激しく動く★ベタックマ」。
なんとも言えない表情の顔・ヌルヌルした激しい動き・ゆるい言葉選び・・・とにかくすべてがシュールで、1度見ると頭から離れなくなってしまう。非常にクセになるLINEスタンプです。

多くのLINEユーザーを虜にしてきた「キモ激しく動く★ベタックマ」の作者ウエさんに、LINEスタンプのネタ出しのコツやLINEスタンプ作成時に工夫していることなど、参考になるお話をたくさん聞いてきました!

毎日数千DLされている「キモ激しく動く★ベタックマ」シリーズ

-ベタックマシリーズのLINEスタンプは、かなり長い期間、毎日のようにスタンプショップのランキング上位に載り続けていますよね。
これって数あるLINEスタンプの中でもかなり珍しく、とてつもなく凄いことだと思うのですが・・・。

ウエさん:
3種類のベタックマシリーズのLINEスタンプを続けて毎月リリースしたので、そのどれかが常にランキング上位に入っているのだと思います。
それぞれをみると順位は結構浮き沈みしておりますが、だいたい各シリーズ1〜2ヶ月くらい上位に残っている感じです。

▼2016年11月のランキング(左)・2017年2月のランキング(右)▼


© LINE Corporation

-ランキング上位にいると、だいたい1日何個くらいDLされるものなのでしょうか?

ウエさん:
売り上げからざっくり計算すると、シリーズの累計で毎日数千DLされていると思います。

-ま、毎日数千DL!?
数ヶ月に渡って継続的にDLされるだけでも凄いのに、DLされる数もまた凄すぎる・・・!!!

ウエさん:
とてもありがたいです。頑張って作った甲斐がありました!

あのキモ激しい動きの元となっているのは「日常のあらゆるもの」

-ベタックマシリーズのLINEスタンプは、どれも動きと言葉の組み合わせが絶妙ですよね。
この組み合わせはどうやって考えているのでしょうか?


ウエさん:
まず最初にネタ出しを行いますが、この時点では動きと言葉は別々に考えています。動きも言葉も制作数の2〜3倍くらいのネタを出します。

次に、そのネタ出しの段階で考えた動きと言葉を組み合わせます。
バラバラにネタを出しているのでマッチしないものが出てきますが、そんな時は動きから連想した言葉を改めてつける時もありますし、言葉から連想して動きをつける時もあります。

-言葉はなんとなくパッと思いつきそうですが、動きってそんなにパッとは思いつかないのではないでしょうか?「キモ激しい」という条件付きだったらなおさら・・・(笑)
ウエさんが動きのネタを出す時、参考にしているものがあればぜひ教えていただきたいです!

ウエさん:
日常のあらゆるものを参考にしています。
テレビ、映画、CM、アニメ、ダンス、アイドル、お笑い、格闘技、動物、友人・・・その他もろもろ。
ネタが枯渇しないように、常にスタンプ目線で世の中を観察してます。

もちろん最終的には自分で動いて面白いと思ったものを採用しますが、特に縛りはありません。

-なるほど!日常のあらゆるものがヒントになっているんですね。
動きのネタは、1人でじっくり「考える」というよりも、日頃から周りのいろいろなものにアンテナを張っておいて「見つける」という感じなんですね。参考になります。

人気LINEスタンプを作る秘訣は「チャレンジ」と「細かいこだわり」

-現在、ベタックマシリーズのLINEスタンプは3シリーズリリースされていますよね。
私個人の目から見て、シリーズを重ねるごとに、動きがより複雑になったりリアルになったりしているように感じました。
実際に、3シリーズ作り続けていて変わった点はありますか?

ウエさん:
特に変わった点はありませんが、できるだけ前作と被らないようにいろいろ試しています。

1作目はリリースまでのスピードとわかりやすいネタだけに絞ったので、コマ数は全体的に少なめになっています。


ウエさん:
2作目以降はできるだけコマ数多く、クオリティ高く見えるように作りたかったので、そのせいでリアルになったように見えるのかもしれないです。


-なるほど。シリーズを重ねるごとにスタンプのクオリティを高めていったんですね。

ウエさん:
そうですね。
また、シリーズごとにスタンプの中の1〜2点は「チャレンジ枠」として作っています。

2作目でいうとベタックマを3人(匹?)登場させてそれぞれ別の動きをさせるとか。アニメっぽいエフェクトも増やしてみたり。


3作目では手がうじゃうじゃ出てきて気持ち悪い方に思いっきり振ってみるとか。


-シリーズごとに様々な試行錯誤も重ねているんですね。
そんな「チャレンジ枠」で当たったスタンプはありますか?

ウエさん:
使い道ないんじゃないかと思いつつ、変わったネタも入れようと実験的に作った「オラオラ」というスタンプがユーザーに1番使われています。これは意外でした。

格闘ゲームの超必殺技のようなイメージで全コマ違う攻撃ポーズを入れてみました。
1コマだけヒップアタックがあるのがポイントです。


-使いやすいスタンプが人気の傾向にある中、「チャレンジ枠」のスタンプが1番使われているって珍しいですね。チャレンジしたからこその発見でしたね!
他にもよく使われているスタンプがあれば教えてください。

ウエさん:
2番目に使われているのは「ひぇ〜」でした。使いやすさと気持ち悪さが両立した良いスタンプだと自負しています(笑)

作成時にはあまり確信はありませんでしたが、でき上がったスタンプをみて「面白い!」と思い、メイン画像にも採用しました。
あの動きは実際にやると意外と全身の筋肉を使うので、ダイエットに良いかもしれません。


ウエさん:
3番目に使われているのは「うおぉぉぉ」ですね。奇声や叫びはどんな場面でも使いやすいので、このスタンプが上位にきたのは狙い通りです。

作成時に注意した点といえば、普通に「うおぉぉぉ」とポーズをとっても動きが小さくつまらなかったので、大げさに震えながら前後に揺れるなど、いろいろ工夫して作りました。
実際に動いているところを側からみたら、ドン引きされて距離を置かれると思います・・・。


ウエさん:
そのほかにも同じくらい多いのが「いぇ〜い」「にゃんにゃん」「ウェイウェイ」「あわわ」といったスタンプですね。
利用方法を限定し過ぎないスタンプが使われている印象です。

-「チャレンジ枠」を設けて積極的に新しいネタにチャレンジしたり、すべてのスタンプに対して細かいこだわりや工夫があったりと、非常に参考になりました。
こういったチャレンジやスタンプ1つ1つへの細かいこだわりが、人気の秘訣なのかもしれませんね。

ベタックマシリーズへのリクエスト、お待ちしています!!!

-最後に、ユーザーの皆さんに一言お願いします!

ウエさん:
ベタックマの公式Twitterアカウントや公式Instagramアカウントがあるのですが、そこでユーザーさんとコミュニケーションをとりつつ、需要を探り新しいネタを考えたりしています。
リクエストがあったりすると、とても参考なるのでありがたいです。


-ウエさん、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!

「キモ激しく動く★ベタックマ」シリーズのLINEスタンプ購入はこちら

→キモ激しく動く ベタックマ - クリエイターズスタンプ - LINE Store
→キモ激しく動く ベタックマ2 - クリエイターズスタンプ - LINE Store
→キモ激しく動く ベタックマ3 - クリエイターズスタンプ - LINE Store