18日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米中外交トップが初の会談、双方が優先課題を提出」を掲載した。トランプ政権が実際にどのような対中政策を採るのかが注目されてきたが、外交トップ同士の初会談は穏当な結果で終わった。

写真拡大

2017年2月18日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米中外交トップが初の会談、双方が優先課題を提出」を掲載した。

17日、G20外相会談が開催されている独ボン市で、ティラーソン米国務長官と王毅(ワン・イー)中国外交部部長の初会談が行われた。約1時間にわたる会談において、ティラーソン国務長官は「公平な貿易、投資環境の構築」が必要だと訴えた。王部長は世界秩序安定において米中は共同の責任があると指摘、両国の共同利益は対立を大きく上回るものだと強調した。

大統領選で中国批判を繰り広げてきたトランプ政権が実際にどのような対中政策を採るのかが注目されてきたが、外交トップ同士の初会談は穏当な結果で終わった。特に北朝鮮のミサイル発射問題について、双方はともに脅威だとして対応の必要性を確認している。(翻訳・編集/増田聡太郎)