18日、韓国・ニュース1によると、マカオ警察が、マレーシアで殺害された金正男氏の家族の身辺警護をしていることが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はマカオ。

写真拡大

2017年2月18日、韓国・ニュース1によると、マカオ警察が、マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の家族の身辺警護をしていることが分かった。

マカオ警察は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で、13日にマレーシアのクアラルンプール空港で殺害された金正男氏の残された家族の身辺警護をしていることを明らかにした。マカオ警察によると、金正男氏の3人目の夫人が住むマカオのタイパ島にあるアパート一帯のパトロールを行うなど警戒を強化している。2人目の夫人と長男、次女らが住むマカオのアパートにも警察が配置されたが、彼らが現在マカオのアパートにいるかどうかは不明な状態だ。一部では、長男が亡命を準備しているとも伝えられている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「家族らをメディアに露出させないでやってくれ」「韓国においで」「マカオ警察が警護していても心配だ」「息子は北朝鮮とは関係ない」など、残された家族を気遣う声が寄せられた。(翻訳・編集/三田)