エヴァ専用リフトビル、大口径機関砲ビル、速射砲ビル、集光ビル、兵装ビル、兵装給弾ビル&エヴァ専用兵装用リフトビル、兵装VLSビル&兵装立体駐車場型ビル、開閉プレートなどを組み合わせ、あの「第3新東京市」を再現できる「ジオクレイパー TOKYO III シーナリー」がワンフェス2017[冬]の日本卓上開発ブースにて、約800個の第ジオラマとしてサンプル展示されていました。ちゃんとエヴァや使徒も配置できるのがポイントです。

TOKYO- Senery ラインナップ | GEOCRAPER WEB

https://geocraper.localinfo.jp/posts/1886825



日本卓上開発ブースにやってきました



エヴァと使徒を発見。



エヴァは「#08 開閉プレート&エヴァンゲリオン初号機」で中身は「エキストラビルパーツ ×1 開閉プレート×1 エヴァンゲリオン初号機フィギュア×1 台座×1 連結パーツ×1」



使徒は「#09 開閉プレート&第4使徒」で中身は「エキストラビルパーツ ×1 開閉プレート×1 第4使徒フィギュア×1 台座×1 連結パーツ×1」、いずれもキャラクターフィギュアは海洋堂が原型・製造を担当。



iPhoneとサイズ比較



左にあるのが「#06 兵装給弾ビル&エヴァ専用兵装用リフトビル」で「兵装給弾ビルバーツ ×1 兵装リフトビルバーツ ×1 差し替え路面パーツ×2 台座×1 連結パーツ×1」のセットとなっており、兵装給弾ビル及び兵装リフトビル部分は脱着可能。右にあるのは「#07 兵装VLSビル&兵装立体駐車場型ビル」で、「兵装VLSビルバーツ ×1 兵装立体駐車場型ビル ×1 差し替え路面パーツ×2 台座×1 連結パーツ×1」がセット。兵装VLSビル及び兵装立体駐車場型ビル部分は脱着可能。



左側が「#04 集光ビル」で内容物は「集光ビルバーツ ×1 台座×1 連結パーツ×1」、右側が「#05 兵装ビル」で内容物は「盾ビルAバーツ ×1 盾ビルBバーツ ×1 差し替え路面パーツ×2 台座×1 連結パーツ×1」、盾ビル部分は脱着可能。



左端が「#02 大口径機関砲ビル」で「大口径機関砲ビルバーツ ×1 エキストラビルバーツ×1 台座×1 連結パーツ×1」がセットになっており、その右にあるのが「#03 速射砲ビル」で「速射砲ビルバーツ ×1 エキストラビルバーツ×1 台座×1 連結パーツ×1」がセット、砲塔は水平に回転可能。



そして一番左端にあるのが「#01 エヴァ専用リフトビル」で、「リフトビル ×1 台座×1 連結パーツ×1」が内容物。



これらを組み合わせるとこうなります、圧巻の大きさ



手前に集光ビルが並んでいます



リフトオフした初号機



使徒出現



初号機と使徒がご対面



劇中では非常に巨大なビルばかりなのですが、1/2500スケールなので、iPhoneと比較するとこのサイズ感



使徒のいる方向から見るとこんな感じ。砲撃されまくりになりそうですがA.T.フィールドで無傷のはず。



さらに引きの光景



この赤いのは「赤い海パーツ」です



ほかにもいろいろなパーツがあり、以下のムービーのようにして自由に際限なく組み合わせまくることが可能です。

GEOCRAPER Official PV - YouTube

実際に前回のワンフェス2016[夏]で2000個も使って作られたジオラマ作成風景のメイキングを見ると、何ができるのかがはっきりわかります。

Event making of Wonder festival 2016 Summer - YouTube

なお、すべて塗装済み完成品となっており、価格は1個税別800円、1BOXが10個入で税別8000円、1BOXに全ラインナップが含まれたセットになっており、2017年6月発売予定とのことです。