SHINee ジョンヒョン、日本映画「君の名は。」について語る“ハッピーエンドだと言ったけれど…”

写真拡大

SHINee ジョンヒョンが映画「君の名は。」を3回観て7回泣いたと話した。

19日に韓国で放送されたMBC「出発!ビデオ旅行」の新コーナー「DJの映画」で、ジョンヒョンは日本のアニメーション映画「君の名は。」を紹介した。

彼は「映画に溶け込んでいる感性や、あまりにも上手く表現されている風景。それにOSTもよく合っている。映画は複合芸術だと思うが、全てが一つにまとまっていることが羨ましかった」と話し、新海誠監督の能力に感嘆した。

「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」も好きだったが、今回一番好きなアニメが変わったという。彼は新海誠監督について「とても楽しみにしていた。個人的に好きだった。今思っている気持ちほどではなかったが、ラジオに出演してもらった際、事前に知識をつけるために映画を観てもっとハマってしまった」と話した。

さらにジョンヒョンは「3回観たが、3回ともに泣いた。初めは3回、2回目も3回、最後は1回泣いた。2回目の時、ものすごく涙が出た。内容が把握できたためでもあり、ナレーションやセリフの一言にも心が揺れた」と述べた。

最後にジョンヒョンはこの作品を「悲しみ」と表現し、「悲しみの表し方。自分ならではの言葉を持っている人だ。ハッピーエンドだと言ったが、僕は最後すごく悲しかった。悲しみをどのように美しく相手に伝えるのか、悲しみも美しくなり得ることが分かった」と語った。