1

世界には何百・何千・何万体ものフィギュアが存在しており、同じキャラクターでも造形師や彩色が異なればまったく違った印象を受けることがあります。そんな多種多様なフィギュアの中から、自分にとって「これしかない!」というような理想のフィギュアを見つけたにもかかわらず、眼鏡をかけていないせいで心の底からフィギュアを愛でることができないという人もいるはず。そんな眼鏡フェチにぴったりなアイテムをワンダーフェスティバル 2017[冬]で見つけました。

TOP - 白船工房

https://www.shirofunekobo.com/

フィギュア用の眼鏡が売っていたのは5-28-04の「白船工房」ブース。以下のようにさまざまなフレームタイプの眼鏡がペーパークラフトで再現されています。



種類はさまざまですが、どのタイプのものでも1000円あれば購入できるというのがポイント。



ペーパークラフトなので台紙から眼鏡を切り離す必要がありますが、その後は瞬間接着剤を染み込ませて固め、マーカーで色を塗れば完成します。



実際に装着するとどうなるのかというと、「艦隊これくしょん-艦これ-」の大和に「デフォルメフィギュア用のペパクラ眼鏡セット」のAセットに付属する眼鏡を装着させると、より知的な見た目にチェンジ。



雪風は「デフォルメフィギュア用ペパクラサングラスキット」を使ってよりワイルドに。



1/12スケールの天津風に「約1/12アクリル眼鏡キット」がピッタリフィット。眼鏡を装着させているだけなのに見た目の印象をガラリと変化させられます。



全員集合。見慣れた艦娘もまったく違った風に見えるかも。



なお、「デフォルメフィギュア用のペパクラ眼鏡セット」はAセット(3種類入)800円、Bセット(4種類入)。「約1/12ペパクら眼鏡&スタンドセット」がA/Bセット(4種類入)が1000円。「デフォルメフィギュア用ペパクラサングラスキット」が800円、「約1/12アクリル眼鏡キット」が600円です。