【ニッポンの名車】4輪ストラット&ディスクブレーキ! ホンダ・ビートは軽の常識を打ち破ったクルマ

写真拡大 (全11枚)

自然吸気でも64馬力を達成した最高のフィーリングをもつエンジン

S660が登場したことで、再び光が当たるようになったビート。デビューは1991年で、全長3295mm、全幅1395mmという限られた軽自動車のボディサイズに、スポーツカーとしてのすべてを盛り込んだ傑作車。フルオープンのの量産ミッドシップ車でモノコックボディというのは、このビートが世界初。

エンジンは、ホンダ得意のDOHCではなく、SOHCの3気筒660佞亮然吸気(NA)エンジン。ライバル視されたマツダのAZ-1とスズキのカプチーノ、いわゆる「ABCトリオ」の3台のなかで、唯一のNAエンジンだったが、3連スロットルを装着し、フィーリングとレスポンスを重視。パワーも軽自動車の自主規制、64馬力をNAで唯一達成していた点もホンダらしい。

イメージカラーは、カーニバルイエローで、当時も今もスタイリングが非常に高く評価されている。そのデザインには、フェラーリのロードゴーイングカーのデザインで有名なピニンファリーナが関わっていたというのは、公然の秘密。

車高は1m強(1175mm)しかなく、幌を閉じると室内は狭く、トランクもほとんどスペースがないため、「歯ブラシしか入らない」などとも言われた。こうした実用度は低くても、長距離ドライブが苦にならず、どこにでも出かけたくなるという点が、一番の長所だった。

速さはないが動かすだけでワクワクする走り

スペックから考えても、動力性能に特筆できるものはないが、四輪独立のストラットサスは上手にチューニングされていて、四輪にディスクブレーキを採用したのも、軽自動車ではビートがはじめて。

とにかくビートには、街なかでも、郊外でも、ワインディングでも、どこでも小気味よく走れて、わくわくさせるものがあった。

もうひとつ肝心なのは、ビートを街中で見かけると、クルマ好きの人もそれほどでもない人も、「おっ」とか「ほほう」といった顔をするという点。乗って楽しく、見る人も何となくうれしくなるクルマ。こんなクルマは国産車では、ビートのほかに数えるほどしかないだろう。

ホンダという自動車メーカーは、基本的に遊び心を持ったメーカーだと思うが、「スポーツカー」となると、どうも必要以上に構えてしまって、肩肘を張った力んだクルマになってしまう傾向が強い。

しかしこのビートのようなクルマが作れるのは、世界的に見ても日本のメーカーだけだろうし、そのなかでもやはりホンダだけ、さらに言えば、80年代後半から90年代前半のホンダしか作れない傑作車だったのかもしれない……。

そういう意味では、年式が古くなり、純正パーツの製造廃止などで、今後の維持管理は難しいかもしれないが、現存している個体は大事にしてもらって、一台でも多くのビートが、「現役」であり続けることを願ってやまない。