教科書記載URL、アダルトサイトに繋がり驚く

写真拡大

商品などのパッケージに「詳しくはサイトで」といった文句とともにURLが記載されていることがあるが、中国ではこのたび、国語の教科書に記載されていたサイトにアクセスしたところ、アダルトサイトにつながるという出来事が報じられ、話題を呼んでいる。

中国メディア・法制晩報によると、この一件は先日、ある女子高生の保護者・張さんから同メディアに連絡が入ったことで明らかになった。

張さんの話では、娘がインターネットをしている背後を通りかかった際に、アダルトサイトを開いているのを見て衝撃を受けたそうで、張さんが問い詰めると、娘は「見たかったわけじゃない」とし、「教科書に記載されていたURLを開いたら繋がった」と弁明したそうだ。

問題のURLが記載されていたのは、高校で使用されている国語の教科書「中国古代詩歌散文欣賞」。同書15ページに記載されていたそうで、張さんの娘は勉強のためにアクセスすると、モザイクなしの赤裸々な女性の裸体画像や動画が閲覧できるサイトに突然繋がり、有料アダルトサイトに誘導されるようにもなっていたという。

このURLやドメインは明らかに教科書の出版社のものではなく、怪しげな名前や住所に書き換えられており、記載されていた電話番号に連絡してもつながらなかったそうだ。結局、告発受けて問題のアダルトサイトは現在閲覧不可の状態になっているが、ほかの教科書も同様の“被害”を受けている可能性は十分あるため、学生および保護者に注意を喚起している状況だ。