北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、米国が朝鮮半島とその周辺に武力を増強していると非難する記事を配信した。

同通信は、韓国の聯合ニュースの報道を引用しながら、「誰それの『挑発』を口実にして米国は、朝鮮半島とその周辺に大々的に武力を増強している」と指摘。

こうした動きに対して、「南朝鮮に『THAAD』を配置しようとあがいているのも、誰それの『挑発』に対処するという美名の下に強行される武力増強策動である」と強調した。

そのうえで、「無分別な米国の武力増強策動によって、朝鮮半島の情勢は予測しがたい境地へと突っ走っている」と主張した。