「ボイス」SUPER JUNIOR イェソン、チャン・ヒョク&イ・ハナと連携し人命を守る

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
SUPER JUNIORのイェソンが、クラブに設置されていた塩酸から客を保護するために、人質劇を繰り広げたことが明らかになった。

韓国で18日午後に放送されたOCN「ボイス」でオ・ヒョンホ(イェソン) がクラブで人質劇を起こした理由は、塩酸のテロから客を守るためだった。

オ・ヒョンホは暗号を通じてム・ジニョク(チャン・ヒョク) とカン・グォンジュ(イ・ハナ) にクラブへ塩酸が設置されていることを知らせた。これを知ったム・ジニョクはシム・デシク(ペク・ソンヒョン) に現場に隠れている犯人を探すよう指示した。

シム・デシクはやっと塩酸が落ちるのを防ぎ、ム・ジニョクとシム・デシクは犯人の後を追った。そして塩酸テロ犯の正体が男であるという事実を突き止めた。