羽生結弦も作中に登場!?

写真拡大

 平昌五輪まであと1年…。同じ会場(韓国・江陵)で行われる今回のフィギュアスケート四大陸選手権(16〜19日)は、選手にとってリンクの感触を確かめる絶好の機会であり、「五輪前哨戦」ともいわれている。

 日本からは羽生結弦(22才)や宇野昌磨(19才)らが参戦。熱い戦いが繰り広げられるが、世界中から強豪スケーターが集まる中、とりわけ熱視線を浴びているのはやっぱり羽生。

「現地では爆発的な人気です。地元メディアは“皇帝がやってくる”“最高のスター”と報じており、外国人選手としては異例といえる注目度の高さです」(スポーツ紙記者)

 世界中のフィギュアファンが行く末を見守っているが、同じように今、ファンを夢中にさせているものがある。

「スケートをテーマにしたアニメ『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日系)です。昨年10月にスタートし、全12話でもう放送は終わっていますが深夜放送だったにもかかわらず、日本だけでなく世界中でファンが激増中。2月15日からは大手コンビニ『ファミリーマート』でキャンペーンが始まり、3月には全国48劇場に中継するイベントも開催される予定です」(テレビ局関係者)

『ユーリ!!!』の舞台は男子フィギュアスケート。主人公の勝生勇利(かつきゆうり)は、日本代表としてグランプリファイナルに臨むも、惨敗。現役続行か引退か…揺れる気持ちを胸に実家へと帰ると、憧れの世界王者・ヴィクトルの姿が。事情があって勇利のコーチを申し出た彼と共に、グランプリファイナル優勝を目指すというストーリーだ。

 キャラクターも実在の選手をモデルに描かれ、演技の振り付けや衣装も、プロの指導のもと制作されているとあって、細部まで精巧に作られている。そのリアリティーは、アニメファンはもちろん、縁遠いアラフォー女性も虜にした。

「アニメは普段全く見ないんだけど、これにはドハマり。23才とスケートでは遅咲きの勇利が頑張る姿を見て、“年齢を言い訳にしちゃいけない”と勇気をもらいました」(40代女性)

「選手の師弟愛や男の子の友情にも感動します。いつもつい涙ぐんじゃう。ディーン・フジオカさん(36才)のオープニング曲もかっこいい」(30代女性)

 ファンだけではない。世界中のトップスケート選手たちがこのアニメにハマリまくっているという。

「ロシアのメドベージェワ選手(17才)や全米チャンピオンのワグナー選手(25才)も絶賛しています。自分に似たキャラを見つけて“『ユーリ!!!』デビューした”と喜ぶ選手も。

 中には本番の試合で好きなキャラのポーズを真似する選手もいるんですよ!」(フィギュア関係者)

 原案を務めた漫画家の久保ミツロウさんは、熱狂的なフィギュアファンとしても知られているが、本物の試合会場に何度も足を運んで取材を重ねたという。

「例えば、スケート選手は氷の眩しさが目によくないらしく、視力の低い人が多い。羽生くんもリンクの外では青いメガネをかけていますよね。だから主人公の勇利も目が悪い設定で、メガネをかけていない時はよく目を細めているんです」(前出・テレビ局関係者)

 主人公のモデルは誰なのか、ライバル役の“ユリオ”は誰がモデルか…と話題はつきない。

「勇利は容姿が羽生くんっぽいともいわれてましたが、実は町田樹(たつき)元選手(26才)がモデルという話が根強い。

 他にも、カナダ人選手JJは、現役カナダ代表のパトリック・チャン(26才)かな、など“この選手って、もしかして…”と想像するのも、『ユーリ!!!』の楽しみ方の1つです」(『ユーリ!!!』ファン)

 さらに作中には織田信成(29才)が本人役の声優としても登場。最終話には、スケート選手が持つ雑誌の表紙に今シーズンの衣装を着てポーズを決める羽生が描かれているなど、何度見ても楽しめる仕掛けがちりばめられている。

 来年の冬季五輪に向けて続編を求める声が後をたたないという。

※女性セブン2017年3月2日号