連覇はならなかった野村敏京(大会提供)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇19日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」最終日。連覇を目指す野村敏京は2バーディ・2ボギーとスコアを伸ばせずトータル6アンダーの3位タイで終わった。
【関連】世界1位のドレス姿も!女子プロフォトギャラリー
カップを手にしたのはその野村と2サムで回ったハナ・ジャン(韓国)。多くの上位勢が伸ばしあぐねる中、バックナインで1イーグル・3バーディと爆発。4打差をひっくり返し今季初勝利を手にした。
その他の日本勢は、畑岡奈紗がトータルイーブンパーの30位タイ。横峯さくらはダブルボギーなど大乱調。スコアを6つ落としトータル4オーバーの58位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

詳細な順位をリーダーボードでチェック!
口づけに祈りを込めて、ハナ・ジャンが見せた桑田真澄と同じルーティン
畑岡奈紗、決勝デビューはホロ苦“79” 「記憶にない」トリプルボギー2発
「始まる前から違和感があった」松山英樹、“80”の乱調 今季初の予選落ち
米ツアー勢も多数追加!女子プロフォトギャラリー