【詳細】他の写真はこちら

握りやすそうな形状も好印象。

家のリビングに散らばるリモコン。さまざまなリモコンを使い分けるのは面倒ですし、なによりプラスチッキーな外観はあまりおしゃれとは言えませんよね。そこでおすすめしたいのが、木でできたスマート家電用リモコン『Turn Touch』。リモコンを1つにまとめてお部屋をスッキリさせてくれるうえ、デザインもおしゃれなんです。

『Turn Touch』でコントロールできるのは、フィリップスのスマート照明『Hue lights』や、Sonosのスマートスピーカーなどのスマート家電。さらにMacやiPhone、iPadなどと連携させて、音楽や動画を再生したり、プレゼンテーションを行ったりすることもできるんです。

スマート家電と言えば、照明や玄関などのロック、コンセントのオン/オフなど、徐々に数を増やしている製品ジャンルです。スマートフォンで操作するのが一般的ですが、その代わりとなるのが『Turn Touch』。リラックスした時間には、スマートフォンを手に取るよりも、きっとこの木製のリモコンのほうが似合うはず。ベッド脇に、リビングにと置いておきたいデザインですね。



『Turn Touch』に搭載されているボタンはmacOSやiOSから機能のカスタマイズが可能です。物理的には4つしかボタンがありませんが、ボタンを0.5秒間押し続けるとそのボタン用のモードとなり、各ボタンに機能を割り当てられるようになります。そのため、4×4で16ボタンのリモコンとして使えるんだそう。さらに、シングルプッシュ、ダブルプッシュ、長押しなどにも対応するため、かなりの数の機能を割り当てられるようです。なお、1つのボタンに複数の機能を割り当てることもできるので、ワンプッシュで照明とスピーカーの電源を落とすなんてことも可能なんですって。



『Turn Touch』は現在、クラウドファンディングサイトのKickstarterにて出資を募っています。マホガニー、マダラ、シタンの3色が用意されており、それぞれ59ドル(約6700円)、99ドル(約1万1000円)、99ドル(約1万1000円)で予約可能。製品の出荷時期は2017年の11月を予定しているとのこと。



今後ますますスマート家電が増えることが予測されますが、それに備えて賢いリモコンを一つは準備しておきたいですね。

文/塚本直樹

関連サイト



Kickstarter(『Turn Touch』製品ページ)

関連記事



これだけの家具がラクラク持ち運べる!? ミニマリスト向け家財道具『itaca』

浮世絵もあるぞ! 大塚家具、今週末から日本初上陸のスター・ウォーズ製品を先行展示・販売へ

子供の頃からの夢が叶う?あのブロックでDIY家具を作ろう