韓国女優初!キム・ミニ「ベルリン国際映画祭」で主演女優賞を受賞

写真拡大

女優キム・ミニが不倫スキャンダルを乗り越えてベルリン国際映画祭で主演女優賞を受賞した。

18日(現地時刻) 「第67回ベルリン国際映画祭」の閉幕式が行われた。韓国映画としてはホン・サンス監督の「夜の海辺で一人」がコンペティション部門の進出に成功した。

この日、キム・ミニは韓国女優としては初めてベルリン国際映画祭で主演女優賞のトロフィーを手にした。

キム・ミニはステージで「本当にありがとうございます。招待された時から嬉しかったです。美しい映画を作ってくれたホン・サンス監督に感謝します」と涙をこらえながら話した。

続いてキム・ミニは「ある人にはこの映画が深い響きを与えると思います。とても誇らしいです。一緒に映画を輝かせてくれた俳優とスタッフに感謝します」とつけ加えた。