[2.19 PSM 山口1-4広島 維新公園]

 サンフレッチェ広島とレノファ山口FCによるプレシーズンマッチが19日に維新百年記念公園陸上競技場で開催され、4-1で広島が勝利した。

 3-6-1の広島はGK廣永遼太郎、3バックが右からDF塩谷司、DF千葉和彦、DF水本裕貴と並んだ。中盤はMF青山敏弘とMF稲垣祥(←甲府)のダブルボランチで、右にMFミキッチ、左にMF柏好文。シャドーの位置にMFフェリペ・シウバ(←セアラー)とMF森島司が入り、FW工藤壮人(←バンクーバー)が1トップを務めた。

 対する山口は4-5-1のシステムで、GK山田元気(←京都)、4バックが右からDF前貴之(←札幌)、DF渡辺広大(←山形)、DF香川勇気、DF星雄次と並んだ。ボランチにMF三幸秀稔とMF小塚和季(←新潟)が入り、右にMF清永丈瑠(←関西大)、左にMF小野瀬康介(←横浜FC)、トップ下にMF高柳一誠(←熊本)。1トップにFW米澤令衣(←C大阪)が起用された。

 今季開幕戦を1週間後に控えた中、行われたプレシーズンマッチは開始早々に動く。前半4分、広島はゴールから30メートルほどの位置でFKを獲得すると、塩谷が助走から右足一閃。弾丸シュートが壁の間を抜けてゴール左に突き刺さり、先制に成功する。さらに同19分、森島がドリブルで粘って相手をかわし、PA左にはたき、フェリペが切れ味鋭い切り返しから左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

 攻撃の手を緩めない広島は、両サイドの柏とミキッチが果敢に仕掛け、チャンスを演出。右サイドの柏はロングボールから絶妙トラップで裏に抜け出し、PA内まで持ち込んで相手DFをかわして右足シュートも大きくはずしてしまい、追加点とはならず。負傷から復帰した森島も2点目をアシストするなど果敢にボールに絡み、Jリーグ初出場へアピールした。

 一方、新戦力8人が先発出場した山口は、序盤から攻め込まれて2得点を許したが、徐々に広島の攻撃に慣れてくると、前半36分に1点を返す。ハーフェーライン付近でのインターセプトから縦に素早くパスをつなぎ、最後にセレッソ大阪から加入した米澤が左足でゴールに流し込み、1-2で前半を終えた。

 後半も立ち上がりにスコアが動く。同4分、フェリペが工藤とのワンツーでPA右に侵入し、ダイレクトで中央に折り返したボールをゴール前に走り込んだ柏が右足で押し込み、3-1と再び2点差とする。直後に山口は、小野瀬のクロスから米澤が右足バイシクルシュート。これは枠上に外れてしまい、1得点を返すことはできなかった。

 広島は後半20分にMF茶島雄介とMF清水航平を投入。すると、昨季限りで現役を引退した森崎浩司氏の背番号7をつける茶島が追加点を挙げる。同23分、ドリブルで茶島が一気に攻め上がり、PA内でMF三幸秀稔のファウルを受けてPKを獲得。キッカーは茶島。1度はGK吉満大介に止められたものの、やり直しの2度目をゴール左隅に流し込み、4-1と試合を決定づけた。

 その後は、互いにベンチメンバーを次々とピッチに送り出したが、得点は動かず、4-1で試合終了。広島がJ1の意地をみせた。なお、今季開幕戦で広島は25日にホームでアルビレックス新潟と、山口は26日に敵地でFC岐阜と対戦する。

 以下、出場メンバー

[サンフレッチェ広島]

先発

GK 21 廣永遼太郎

DF 4 水本裕貴

DF 5 千葉和彦

(83分→DF 2 野上結貴)

DF 33 塩谷司

MF 6 青山敏弘

(80分→MF 28 丸谷拓也)

MF 10 フェリペ・シウバ

(65分→MF 7 茶島雄介)

MF 14 ミキッチ

(65分→MF 16 清水航平)

MF 15 稲垣祥

MF 18 柏好文

(86分→DF 3 高橋壮也)

MF 29 森島司

FW 50 工藤壮人

(80分→FW 22 皆川佑介)

控え

GK 34 中林洋次

監督

森保一

[レノファ山口FC]

先発

GK 33 山田元気

(46分→GK 42 吉満大介)

DF 3 渡辺広大

DF 6 前貴之

DF 18 香川勇気

DF 19 星雄次

MF 8 小野瀬康介

(76分→MF 17 加藤大樹)

(82分→DF 16 パク・チャニョン)

MF 14 高柳一誠

(57分→MF 15 池上丈二)

MF 20 清永丈瑠

(57分→FW 9 岸田和人)

MF 29 三幸秀稔

MF 40 小塚和季

FW 13 米澤令衣

(76分→MF 11 鳥養祐矢)

控え

DF 21 廣木雄磨

監督

上野展裕


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合