【2017 J1チーム診断】まずはJ1残留へ…昨季のベースに経験値を上乗せできるか《北海道コンサドーレ札幌》

写真拡大

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はJ2王者として5シーズンぶりのJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌編をお届けする。

◆5シーズンぶりのJ1

▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし、5シーズンぶりのJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌。チーム名に“北海道”を使用した元年にJ1復帰を決め、今シーズンは大きな期待が懸けられている。オフにはMF兵藤慎剛(横浜F・マリノス)やMF早坂良太(サガン鳥栖)、MF横山知伸(大宮アルディージャ)ら経験豊富な選手を獲得。手堅い補強で選手層に厚みを持たせ、J1残留を目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント

▽当面の目標はJ1残留になるだろう。昨シーズン気を吐いたFW都倉賢、FW内村圭宏、MFジュリーニョがJ1の舞台でどれほどの結果を残せるかには注目だ。攻撃陣の出来にはチームの浮沈がかかっているとも言える。また、前述の3名に加え、MF小野伸二やMF稲本潤一、MF河合竜二、MF菊地直哉などJ1の舞台で経験を積んだ選手が多くいる。若手との融合でチームを作り上げることができるか、初のJ1の舞台を迎える四方田修平監督の手腕にも注目したい。

◆予想フォーメーション[3-4-3]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ク・ソンユン

DF:菊地直哉、横山知伸、福森晃斗

MF:マセード、深井一希、宮澤裕樹、田中雄大

FW:ヘイス、都倉賢、ジュリーニョ▽基本フォーメーションは[3-4-3]。新戦力と昨シーズンのJ2優勝の原動力となった選手が融合するとみる。MF小野伸二、MF稲本潤一も負傷が癒え、要所で起用することが可能。昨シーズン守備を支えたDF増川隆洋の長期離脱も問題なさそうだ。MF兵藤慎剛、MF早坂良太のユーティリティ性も長いシーズンでは大きな力となるはず。MFマセード、FWヘイス、MFジュリーニョのブラジル人トリオがJ1でどの程度プレーできるのかも攻撃面ではカギを握るだろう。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF横山知伸(日本)

1985年3月18日(31歳)

2016シーズン(J1):19試合1得点▽経験者を補強した中でもチームのカギを握りそうなのは大宮から加入したMF横山知伸だ。大宮との契約更新後に急遽期限付き移籍が発表された横山。3バックを採用する札幌において、スイーパーの位置を任させることになりそうだ。ロングフィードを得意とし、高さもある横山の加入は、昨シーズンの要であり長期離脱中のDF増川隆洋の穴埋めになるはずだ。守備を安定させられれば、J1残留の目標は達成できるだろう。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF深井一希(日本)

1995年3月11日(21歳)

2016シーズン(J2):25試合0得点▽札幌の注目選手といえば昨シーズンのJ2で40試合出場19得点を記録したエースのFW都倉賢になりがちだが、あえてMF深井一希をキープレーヤーに挙げたい。昨シーズンは夏場に負傷し長期離脱。25試合の出場にとどまったが、ポテンシャルの高さはチーム随一。下部組織出身の至宝がJ1の舞台でどれほど輝けるかはチームの成績に関わるだろう。中盤でのパワフルなプレーはJ1の選手といえども戸惑いを見せるはず。流れが一気に転じる可能性も秘めている深井のボール奪取&攻撃参加にも注目だ。