「俺の知ってる太秦萌と違う。バージョンアップに成功しやがった…」「かわいい」「京都市交通局が本気を出してきたか……」ということで2013年に唐突にデザインがリニューアルされてネット民の度肝を抜いて注目を集めまくったあの京都市交通局公式応援キャラクター『地下鉄に乗るっ』の「太秦萌(うずまさ もえ)」が単純に立体化されるだけではなく、原型師であるBOME(ボーメ)本人が原型製作・パーツ整形・塗装まで施した「ボーメディション第2弾」として本日から6体限定で発売開始、ワンフェス2017[冬]の会場で1体分だけ先行予約を本日限定で受付中だそうです。

海洋堂ブースに到着



そもそも2013年にリニューアルされた太秦萌のキャンペーンポスターはこんな感じ



今もあちこちで以下のようにして活躍中。







そしてコレが6体限定のボーメエディション



お値段は実に税込86万4000円。2017年3月25日受注開始。



サイズは約550mm、大きい



ある程度以上の大きさになると、自分自身の重みが無視できないレベルとなり、自立することも困難になってくるのですが、原型師であるBOMEはそのバランスをうまくとりつつ、なおかつ大きくすると細部のちょっとした違和感も同じようにして巨大化してしまうにも関わらず、絶妙なバランスで仕上げてくるのが特長。



顔の部分はこんな感じ



下から見上げるとこうなります



後ろ姿



カバンのアクセサリーも再現



2014年・2015年には幼なじみの「松賀咲」「小野ミサ」も登場するアニメーションCMも作られており、この両名を含め、続々といろいろなカタチで立体化されていくのかもしれず。

「地下鉄に 乗るっ」地下鉄利用促進PR15秒CM 完成版 【みやこくんver】 - YouTube

地下鉄に乗るっ アニメCM Ver 京都のまちは地下鉄で。 - YouTube

キャラクター相関図は以下のようになっています。



なお、「太秦萌」などのキャラクターデザインを担当した賀茂川さんは今回のワンフェスカタログの表紙も担当、ワンフェスみやげとしてフィギュア化もされています。