日産モータースポーツのDNAを継承する、コンプリートカー「NISMO」。

日本では現在、「ジューク」「フェアレディZ」「マーチ」「GT-R」「ノート」などに設定されていますが、今度は「キャシュカイ」に最強のNISMOバージョンが投入されるという情報を、レンダリングCGと共に入手しました。

1

キャシュカイは日産がヨーロッパ市場をメインターゲットにした、クロスオーバーSUVで、2013年まで国内市場で「デュアリス」として販売されていました。

日産はキャシュカイのNISNOバージョンに関して、2015年に発売を否定しましたが、2年の時を経て状況が変わった可能性があるようです。

エクステリアは、専用のフロントバンパーに大径エアダクトを備え、リップスポイラー、サイドスカートなどの高度な空力性能とアグレッシブなデザインを伴うエアロキットが装備されています。

サスペンションやブレーキも専用セッティングがされ、室内にはメーター、ステアリング、シートなどに赤をあしらったスポーティーなデザインに仕上がるようです。

パワートレインは、最高馬力255psを発揮する1.8リットル直列4気筒ターボを搭載するとレポートされています。

ワールドプレミアは2018年が有力という情報です。

(APOLLO)

255馬力!日産・キャシュカイにNISMOモデルを追加、2018年にも登場か!?(http://clicccar.com/2017/02/19/446383/)