野村敏京、逆転勝利なるか!?(写真は3日目)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇19日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>
米国女子ツアー開幕第2戦「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」最終日。連覇を目指す野村敏京がハーフターン。1バーディ・2ボギーとスコアを落としたが、上位勢も落としているため首位と2打差に縮まった。
【関連】世界1位のドレス姿も!女子プロフォトギャラリー
現在のトップはトータル7アンダーのアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、リゼット・サラス(米国)、オ・スー(オーストラリア)の3人。トータル6アンダーの4位タイも4人おり大混戦となっている。
その他の日本勢は畑岡奈紗はすでにホールアウトしてトータルイーブンパーの31位タイ、横峯さくらはダブルボギーなど大乱調。16ホールを終えて58位となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

野村敏京連覇なるか!?リーダーボードで速報中!
「始まる前から違和感があった」松山英樹、“80”の乱調 今季初の予選落ち
畑岡奈紗、決勝デビューはホロ苦“79” 「記憶にない」トリプルボギー2発
「風が大好き」 強風も何のその、前年Vの野村敏京が優勝争いへ
米ツアー勢も多数追加!女子プロフォトギャラリー