もともと、はたらくじどうしゃ枠でしたが、活躍の場を広げたみたい。

石川県輪島市の新交通システムが面白い。ヘッドライトやウインカーなどを装備してナンバーを取得したヤマハのエコカート(電動ゴルフカート)をコミュニティバスの代わりに使っているんですよ。



こちらは輪島商工会議所による動画。

輪島ドラマ記念館、輪島朝市、輪島工房長屋などを巡れる2種類の観光コース「塗りめぐりコース」と「輪島キリコ会館コース」に加え、地元の人々の足としても活躍する「輪島病院コース」を設定。輪島市の観光スポットである、輪島キリコ会館や道の駅輪島ふらっと訪夢を軸として、市内中心部での回遊性向上を図っています。また一部区間では自動運転での公道走行を実施。社会受容性などについて運行調査をしています。

走行は時速19kmまで。ゆっくりとした速度で風景も楽しめるし、低床構造だから乗り降りもラク。「少し遠くても気にせず観光できて良かった。子供がいると歩くのをイヤがるので子供もイヤがらず乗ってくれて良かった」という意見もあるそうですよ。

走行時間は平日10時〜12時、13時〜15時で乗車料金は無料です。そして2017年度の周回コースはさらに増えるみたい! 公道を使った自動運転新交通システム、体験してみたいですね。

・ドローンを持って旅に出よう。ドローンを飛ばせる日本観光地図を作ろう

image: 輪島商工会議所 - YouTube
source: 輪島商工会議所,
輪島商工会議所 - YouTube

(武者良太)