レコーディングを行うヴィン・ディーゼルとカイゴ instagramより

写真拡大

先日、歌手のセレーナ・ゴメスとDJのカイゴによるコラボ曲「It Ain’t Me」が緊急リリースされて話題になったが、俳優のヴィン・ディーゼルをフィーチャリングしたミックスが発表された。

ノルウェー出身のカイゴは、“癒し系EDM=トロピカル・ハウス”の代表格アーティスト。アコーステックなカイゴのサウンドとセレーナの透明感のある歌声がうまく融合した楽曲になっている。

そして、ヴィンは自身のヴォーカルが入った「It Ain’t Me」のミックスをFacebookに投稿。「安全地帯の外に踏み出したかんじだね笑。感想きかせてね」とコメントしている。