4K UHDホームシアタープロジェクター「HT8050」

写真拡大

パソコン用ディスプレイやプロジェクターなどを手がけるベンキュージャパン(東京都港区)は「THX HD規格認証」を受け、リアル映画画質を再現する4K対応のホームシアタープロジェクター「HT8050」を2017年2月24日に発売する。

世界初の「THX HDディスプレイ規格認証」取得

映画館のデジタルシネマに等しい高画質で、4K UHDの超高解像度により映像の細部まで忠実に投写できる。輝度2200ルーメン、「Rec.709」色精度、5万:1のダイナミックコントラスト比などにより、リアルな映像美を大画面で楽しめる。

世界初の「THX HDディスプレイ規格認証」を取得。映画制作者の意図通りの色味や画質を再現できるという「THXモード」を搭載している。

物体と背景の色変化を検出し、鮮鋭なエッジと精密な表面の質感を生成可能な「4Kピクセル・エンハンサー」、中間の色合いや微妙な色素を表現する「カラーエンハンサー」、美しい陰影をつけ肌の色合いを描き出す「フレッシュ・トーン」などの機能を搭載する。

「縦横レンズシフト」と最適なピント合わせが可能な自動ズーム「True Zoom」システムにより、柔軟な設置を実現した。

価格はオープンだが、66万円前後での販売が予想されている。