17日、新華網は記事「コインを投げて幸福を祈願する中国人観光客、墳墓や動物園の亀にまで」を掲載した。中国各地にトレビの泉化した観光地が登場し、注目を集めている。写真は南京大虐殺記念館の池に投げ込まれたコイン。

写真拡大

2017年2月17日、新華網は記事「コインを投げて幸福を祈願する中国人観光客、墳墓や動物園の亀にまで」を掲載した。

【その他の写真】

イタリア・ローマのトレビの泉はコインを投げ入れると願いがかなうという言い伝えで知られる。それに倣ったわけではあるまいが、中国各地にトレビの泉化した観光地が登場し、注目を集めている。

博物館の仏像、動物園の亀の背中、史跡の墓室、特に由縁のない巨石などなど、中国人観光客はありとあらゆる場所にコインを投げ込んでいるのだ。専門家によると、中国人の投げ銭好きには歴史的背景があるという。神仙にお金を贈り願いをかなえてもらうのは中国で長く続く風習だ。また環境意識の欠如も要因となっている。動物園の亀や貴重な史跡にコインを投げつけるなど言語道断だが、悪いことをしているという意識すらないのが問題となっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)