最近はオーガニックコットンを使った下着が少しずつ増えています。以前は環境問題などに意識の高い人に支持されることが多かったように思いますが、最近はオシャレなものが多いため、「ステキなので手に取ったら、オーガニックコットンだった」そんな声もよく聞かれます。

まだオーガニックコットンの下着や服を着たことのないのであれば、ここで紹介しているオシャレなブランドで、ぜひご自身の肌で確かめてみてください。

オーガニックコットンと言えばこのブランド!「プリスティン」

ふわびたスワンブラ9000円、ふわふわスワンショーツ3000円/プリスティン

「プリスティン」を擁するアバンティは、オーガニックコットンの生地を他ブランドにも提供している、いわばオーガニックコットン界の“お母さん”的存在。ウェア類も充実していますが、下着もこだわりのつくり。このブラジャーは、カップ裏部分に白鳥の羽のようなリフトがついていることから「スワンブラ」と命名。優しい着け心地かつ程よくバストメイクしてくれます。可憐なレースがあしらわれたショーツは、おなか部分が二重になっていて、冷えもカバーします。

ステキな夢が見られそうな、ロマンテイックネグリジェ

ネグリジェ 23000円/リュバン

眠っている時こそ、心地良いものを着ていたい……そう思う人も多いはず。そんな女性におすすめなのが、「リュバン」のネグリジェ。オーガニックコットン使いとフェミニンなデザインで、大人の乙女ゴコロを満たしてくれます。デザイナーの井谷公美さんは、健やかに心地良く暮らすためのオーガニックライフを伝える素敵な女性。エプロンやクロス、たわしなどの生活雑貨も展開しています。

スタイリッシュで女性らしいシルエットが魅力

ジョディ波々Vネックタンクトップ 6800円/リグ

インナーとしてもアウターとしても着られるのが、「リグ」のトップス。パタンナーとして長年活躍されている女性が作るブランドだけあって、オーガニックコットンの肌触りだけでなく、シンプルでスタイリッシュなシルエットが魅力。ちょっとした袖の長さ、首まわりの空き具合、やや細身のシルエットなど、その雰囲気全体に女らしさが感じられます。

オーガニックなライフスタイルを提案する「スキンウェア」

ブラトップ 7200円、ショーツ 5200円、カーディガン 18000円/スキンウェア

オーガニックコットンのルームウェアや下着を中心に展開する「スキンウェア」は、ファッション雑誌などでもよく紹介されているブランド。くちなしや蘭、ラズベリーなどの植物で染めるボタニカルダイによって表現された色に、心も和みます。今後はフレグランス製品なども発表し、衣服だけでなくオーガニックなライフスタイルの可能性を広げるとのこと。ますます、楽しみです。

私たちがオーガニックコットン製品を選ぶことで、その需要が高まれば、オーガニックコットンを栽培する農家が増えるということ。それは、農薬をたくさん使う過酷な労働環境で働く人々の負担を軽減することにつながります。現在、オーガニックコットンの生産量は繊維の原綿生産量の約1%(日本オーガニックコットン協会HPより)なのだとか。その割合が少しずつでも、増えていくといいですね。

川原好恵